原付に進路妨害される! これってあおり運転じゃないの? 焦らないで!落ち着いて。最寄りのコンビニなんかで待機しましょ。

マメムです。

運転初心者のみなさん、原付が目の前を走行していたらどうしますか?

そりゃ、細心の注意をはらって追い抜きますよね。

でも、目の前をジグザグ走行されたら?

追い抜こうとしたら、グーンと真ん中に出てきたら?

怖いですよね。

マメム、たぶん、あおられました…。

その時の状況を記事にしましたので、参考にしてください。

 

目の前に原付が…。うん? なんかおかしいぞ。

目の前を原付(原動機付自転車)が走っているなんて、さほど珍しい光景ではありませんよね。

マメムの住んでいる町は、そこそこの田舎ですが、たまに目の前を原付さんが走っています。

たいていの方は、左端を走ってくださって、追い抜きがしやすいように気を使ってくださいます。

いやぁ、でも、それでも、原付を追い抜きするのって、まだ慣れないわ~。

なんか怖い…。

でも、原付で通勤している相方は…、

緑の帽子の子が怒っている
ハテオ
後ろにピッタリ車に付かれたら、圧がハンパないし。メチャメチャ怖いし!

と言っております。

そうか、抜かされる方も怖いんだね。

これは、お互い様で、お互い注意が必要ってことなのね。

とある休日。目の前に原付が…。

とある休みの日…、

久しぶりに外食をしようと、田舎道をのんびり走っておりました。

ふっと気が付くと目の前に原付さんが…。

とても、ゆっーくり走っておられたので、そりゃとばかり、少し加速して追い抜こうとしました。

その瞬間…、

グワーッと真ん中の車線の白いラインぎりぎりまで、その原付さんが寄ってきたのです。

「うおっ。」

思わず叫びつつブレーキを踏みました。

なんだ?

わざと?

いや、まさかね。

再び原付さんは、左のハシに。

そして、ゆーっくり走行。

マメムは、再度、速度を上げて、指示器を出し、原付を追い越そうとしました。

すると再び…、

グワーッと車線の白いラインに寄ってきました。

 

「おうっ」

 

再び、声を上げ、ブレーキを踏むマメム。

 

原付は、シューと速度を落とし、今度は、左端に寄らず、真ん中をジグザグジグザグとゆーっくり走行。

そして、原付ハーフヘルメット(顔が出てるやつ)の彼は、こちらを振り返って、「ニヤリ」と笑ったのです。

 

マメムと助手席に乗っていた相方は、目を合わせて言いました。

「わざとだね。」

 

スクーターに乗る人形

 

えっー。

これって、あおり運転じゃないの?

でもさ、軽とは言え、一応、車ですよ。

マメムの愛車、ヘッポコーと呼んではいるけれど、まあ、普通の軽自動車ですよ。

原付が、原動機付きとはいえ、「自転車」が、あおったりしますかね?

 

でも、目の前の現実は…。

おお~。

マメム、原付にあおられる!

 

原付さんは、時速20キロのノロノロ運転をしていたかと思うと、急に、ブォーとスピードを上げ、また急にブレーキをかけ、またまたノロノロ運転を始める。

その後は、左端に寄ることは一度もなく、スピードを上げたり落としたりしながら、ど真ん中をジグザグ走行。

 

気が付くと、マメムの後ろには、そこそこの車が…。

渋滞まではいかないけれど、5台ほど並んでいた。

うっわー、どうしよー。

焦る…。

 

でもね、もう追い越すなんて勇気はマメムにはないのよ。

車間距離を保ちながら、時速20キロで走行するしかできなかったのよ。

 

その時、ここは、いつもの通勤経路…、ただ休日なだけで、いつもの道だ!という事に、ふっと気が付いた。

もうしばらく行くと、お米の精米機が置いてある広い駐車場がある。

左側に見えてくるはず。

そこに入ろう。

 

そう決めたら気が楽になった。

そして、たどり着いた駐車場。

駐車場の中から、後続車さんたちを見送った。

ごめんなさいね。ベテランであろう後続車の方にすべてを託し、マメムたちは、そこで精米の予定はなかったが、しばし待機した。

今思えば、後ろの車の方は、事態を把握してらっしゃったのかも。

20キロぐらいで走行なんて、クラクションならされても、車間距離をピッタリつけてあおられても仕方がないもんね。

でも、有難いことに適度な車間距離を保って、ゆーっくり走行してくれてたし。

イイ人だったな。

その後、原付さんと後続車の方々が、どうなったのかは、マメムにはわかりません。

でも、今時、みんな、ドライブレコーダー付いてるしね。

後続車の方は、落ち着いてらっしゃる感じだったし、まあ、大丈夫だったと思われます。

 

もし、あおり運転に遭遇したら、とにかく焦らない。相手にせず、どこかで待機を!

でも、実際、自分が、そういうことに遭遇したら、やっぱり焦っちゃうよね。

今回、マメムは、たぶん、珍しくも、原付さんにちょっかいを出されたようですが…。

もっと大きい車だったら、例えば、トラックだったり…、

そうしたら、また別の恐怖を感じたんだろうなと思います。

ただね、相手が、いくら原付だと言っても、マメムとしては、もう、それは、めちゃめちゃ怖かったのよ!

もし、まちがえて接触したら、確実にケガさせるしね。

ものすごく運が悪ければ、お相手が亡くなるってこともあるでしょう。

そうしたら…。

マメムは、本気で、一瞬、交通刑務所の文字が頭に浮かびましたよ。

泣いてる男のイラスト

今回のことも、もしかすると、マメムの追い越し方が、何か気に障ったのかもしれないし、自分にも否がないとは言い切れないけれど…。

でも、自分では、いくら気を付けていても、相手が何で気分を害すか、100%わかるなんてありえないもんね。

なるべく、常識的なことを心がけるぐらいしかできないよね。

 

でも、実際、もし、こういうことに遭遇したら…。

 

絶対に相手にしないこと!

できれば、様子をみて、すぐ、最寄りのコンビニなどに入ること!

高速道路を走行中ならサービスエリアに避難して。

 

焦らずに!

マメムのようなそこそこの田舎なら、なかなかお店なんてないかもしれないけれど…。

できるだけ人の多いところで待機するのがベストです。

 

マメムは、今回、無人の精米機の駐車場で待機しちゃったけれど…。

人がいないところで、万が一、原付さんが戻ってきて、もめごとになったら?

そう考えると、少し恐怖ですね。

たまたま、運がよかった…。

どうか、皆さんも、お気をつけて!

 

今度は、追い越しと追い抜きの仕方を記事にまとめてみたいと思います。

 

それでは、また!

安心で快適な運転を!