運転苦手な人ほど、大きな道路を走った方がいい。長距離ドライブのルートの決め方。

マメムです。
ペーパードライバー上がりです。
今回は、運転が苦手な方が、
長距離運転をしなければならなくなったときの
ルートの選び方について。


高速や大きな道路は怖い?
大きい道路は避けたい?


わかります。

でも、ちょっと待って!

大きい道路って

結構走りやすいものですよ。

 

せっかく運転免許を持っているのだから、どっか車で旅行でも。

ペーパードライバーを卒業したからには、
長距離ドライブに行きたいですよね?


えっ?
行きたくない…?

まあ、気持ちは分かります。

マメムもペーパードライバーを卒業したとき
相方が、

「せっかくだから車で旅行に行きたい」

と言った時には髪の毛が逆立つほど怒り狂いました。
しばらく「サイヤ人」と呼ばれていたほどです。

でも、あまりにもガッカリした相方が、
そこまで怒らんでもとつぶやき、
隅っこで拗ねているの見ていたら。


せっかく運転再開したしな…
思い切って行ってみるかと。

たぶん、通勤で毎日運転するようになって、
ちょっと調子に乗ってたと思う…。

で、どこに行くか~と。

相方が大昔に泊まったホテルに
もう一度泊まってみたいというので、
行き先はそこに決定ってことで。

その日から、マメムはひたすら
地図とスマホナビを見続け
ルートを決めていきました。

結論から言いますと…
マジで無謀なルートだった…

 

運転苦手ならば、なおさら大きな道を選んだ方がいい。なぜなら走りやすいから。

マメムの間違いの一つは…

大きな道は怖いので極力避けたこと。

でも、思えばこれが大間違いでした。

旅行の行き先は、高速道路なら
2時間で到着する距離の場所でした。


でも、高速を使わないと決めていたマメムは、
あくまで下道にこだわり。

ベテラン運転手の友人たちは、

高速怖いなら、元高速を使え。
大きな道の方が早いし走りやすいから。

そうアドバイスしてくれました。
でも、マメムは、結構なビビりで、
しかも、頑固者でして…

 

いやだ。
元高速って言っても、
猛スピードの車がビュビュンと走ってる。
大きい道路は怖い。
車線変更したくない。

 

そういって拒否したわけです。

友人たちは、半ばあきれ顔で…
まあ、好きにしたらいいわと。
鼻で笑う感じよ。

 

あの時ね…
言うこと聞いてればよかったわ。
本当に。

 

高速道路も使わず大きな道路も使わないで行くとすると…
目的地まで「6時間」かかり。

途中、道の駅とかによって休憩しつつだけどね。

 

高速道路は、怖いって言うなら無理にすすめません。
お金もかかるしね。

でも、一般道でもハイスペックな道ってありますよね。
元高速道路だった道とか…。
関西なら2号線とかね…。

観光目的であちこち見物しながら行くなら別だけど、
目的地にとりあえず着いてから観光みたいな旅行なら大きな道を使った方が絶対に良いです。

 

早いからということだけではありません。
ペーパードライバー及び運転苦手な皆様…、
大きい道路の方が精神的にラクであることは間違いないよ。

 

これは、マメムの経験上ですが…

 

マメムの居住地は、そこそこの田舎です。
大きい道路なんてありません。
細くてクネクネした山道はあります。
だからね、
旅行のときも、多少、細い道でも平気かなって思ったの。

だけどね…

一般的に細い道というのは…
自転車の方…
原付バイクの方…
あたりまえだけど歩行者の方もいるわけで…

すっかり田舎の道に慣れていたマメムは、
自転車という存在をすっかり忘れてしまっていたのです。

そうなの…
うちの近所はね、移動に誰も自転車は使わないの。
ヘルメットをかぶった中学生も走ってないの。

そこそこの都会に住んでいた時は、
自転車でブイブイ言わせてたマメムも、
引っ越してきてからは、一回も乗っていません。

でもね、普通の町々では、自転車に乗って移動されますものね。
空とカーブの道

いやぁ、何が怖いって…

知らない道を走るのだって、結構な気力を使うのに、
ヒュッと横を自転車に走られてごらんなさい…
原付バイクが後ろから右に出てきたときなんか、大げさじゃなく悲鳴をあげたよ。

本当に怖かった。
あれは、ペーパードライバーを卒業して、まだ二ヶ月ぐらいだった。

いやぁ、田舎の山道に入ったときには心底ホッとしたね。

ねっ。
そう考えると大きな道の方が精神的にラクなの。
だって、絶対に自転車とか歩行者は、いないわけだからね。
とりあえあず、前見て一生懸命に走ればいいわけよ。

一番怖い道は、歩行者とか自転車、路上駐車が多い中ぐらいの道路です。

運転苦手な人が最も避けるべきは、大きな道路ではないのです。

むしろ、歩行者や自転車、路上駐車なんてない
高速道路の方が運転はしやすいのです。

 

大きな道路の方が道に迷う回数が少ないから。それ絶対。

大きな道の方が道に迷うリスクはすくなくなります。

実はこれが、
マメムが大きな道をオススメする最大のメリットです。

先ほども書いたように、マメムの初の長距離ドライブは悲惨でした。

大きな道を避けたがために、道が分からなくなったことが最大の敗因です。


最近のナビは優秀で、少し道を間違えたぐらいでは何の問題もありません。
すぐさま「リルートします」などと言って別の道を指示してくれますから。


でもね~。
これは、初心者にありがちだと思うのだけれど…


ナビが指示してくれるタイミングがいまいち分からないってことない?
今でこそ
「300メートル先左折です」
とナビが言う300メートルがどれぐらいか何となくわかるし
「その先、左折です」
と言うその先も分かる。


でも、当時のマメムには、
まだその感覚がつかめていなくて、
一つ前の道を左折してしまうなんてことがザラにあったのです。

 

するとナビがすぐさ叫び始めるわけよ。
「リルートします リルートします」

それでもマメムが何回も間違えるので、
どんどん訳が分からなくなっていって…。
ナビも困ったんだろうけど…。
ミニカーが険しい道を行く写真

最終的にとんでもない道に導かれた…。
通称「険道」と呼ばれる極めて道とは言えないような「県道」に。

ナビは確実に、この山奥へと導いている。
相方とともに紙の地図で確認したが、確かに、抜けていけるっぽい。

少し入りかけたけど…
あまりの道の狭さにビビりまくり、なんとかバックして別のルートをとった。

いや、文章にしたらたいしたことないけどさ。
30分ぐらいは、バックしたり切り替えしたりで往生したのよ。
そして、いつものことながら恐怖で泣いた。

本当に全く人気のないところで逆に助かったわ。

という経験をしたマメムは、本当に心から強めにお勧めします。

初心者の最初のドライブは、王道の大きな道を選ぶ方がいい!

大きな道ってね、
だいたいずっーと真っすぐなのよ。
それで、目的地付近まで、たいていたどり着けるから。

まあ、必ずいつかは降りなきゃいけないけどね。
目的地によっては、降りてから細い道を走ることもあるかもしれないけど。

でも、ずっと下道を走るよりは、全然マシなの。
運転にドキドキしつつ、行き先にもドキドキするなんて。
どっちか一つでもラクしないと精神が持ちませんから。

 

大きな道路は、車線変更しなくても走れます。

大きな道路走るのに、運転不慣れさんたちが一番怖いと思うのは、おそらく「車線変更」だと思います。
マメムの場合はそうでした。
でも、走り方しだいでは、車線変更しなくてすむ場合もありますから。

だいたい、元高速道路だったところは、降り口がほぼ左側にあるわけです。
だから、車線変更したくなければ、永遠に左側を走れば良いということです。
これが基本ですね。

しかし、世の中の道路は、恐ろしいことに3車線やら4車線になったりするのです。

でも慌てないで!
大丈夫です。

たいていは、2車線の時のまま左側を走り続けていればOKなのです。

3車線に道が増える場合、
だいたい左側にもう一本、道ができます。

そうすると、自動的に自分の車は、3車線の真ん中の道を走行することになります。
そのまま走り続けましょう。

3車線の場合は、真ん中を走行。
4車線の場合は、左から2番目の道を走行。


2車線で左側走行していたら、
だいたい自動的にそのポジションで走れます。


そして、3車線から2車線に変わるときも、
そのまま走っていれば、2車線の左側走行に戻れます。

車線変更をしなくても、まあ、大丈夫なようになっているわけです。

双眼鏡をのぞく人の写真
ただ、アドバイスとしては…、
事前に降り口については調べておきましょう。
地図を見て、行き先の降り口の名前を確認してください。

そこで活躍するのが、Googleのストリートビューです。
本当に便利な世の中ですよね。

だいたい降り口は「左側」にありますが、
稀に「右折」して降りなければならないこともあります。


実は、マメムも一度あって…
めちゃめちゃ慌てて車線変更ビビった経験あり。

 

そういうとこ、少し調べておけば安心です。
もしかすると、3車線のときに降り口があるかもしれませんものね。
そういう時は、余裕をもって、左側に入りたいですしね。

下調べは、必ずした方がいいかと思います。
どこで降りるのか、どんな感じの降り口か。
知っているだけで心の余裕が違いますから。

でも、たとえ降り口を間違っちゃったとしても、たいしたことにはならないので安心してください。
手前で降りちゃったなら、また上ればいいし。
行きすぎちゃったら、次で降りて戻ればいいのよ。

下道で道に迷うより、ややこしいことには絶対にならないから大丈夫。

 

ペーパードライバー卒業したら、長距離運転してみるべし。すこぶる自信が増しますから。

運転は、メンタル面が大きいなと常々思っております。
ここ最近、コロナ禍で、マメムは出勤することもなく…
車通勤なので、当然、運転する機会が減りました。

そうするとですね…
何というか…
久々に運転するときに、昔のような恐怖感が少し蘇ってしまったのです。

買い物ぐらいは行ってたのだけれど…

こんなにも簡単に元に戻ってしまうのか…と悲しくなりました。

 

でも、どうしても長距離運転をしなければいけない事情ができて…
(といっても2時間程度の距離だけど)
本当に、1年半ぶりぐらいで長距離ドライブに出掛けたわけです。

 

出発の前日…ちょっと吐き気がするぐらい精神が病んだ…
メンタルが絹ごし豆腐以下の弱さなので…

 

まあ、無事に行って帰って来れたわけですが。

 

そしたらね、車の運転が怖くなくなったのよ(笑)

単純人間のマメムだからかもしれないけれど。


もし、あなたが長距離運転怖い、大きな道怖いと思ってるなら…
少しでも、その気持ちがラクになればいいなと思います。

安心安全快適な運転を!

合わせて読みたい

自慢じゃありませんが、26年ペーパードライバーでした。 今回は、当時の気持ちを語っています。   運転恐怖。絶対に運転なんかしないと思っていました。 マメム 運転怖かったわ。ホントに怖かった。 […]

白い自動車が走行中