50歳すぎても免許は取れる!乗りたいと思うならチャレンジあるのみ。

この度、相方が喜ばしくも「普通自動車免許」を取得しました。

相方、「50歳」と少し。

元気に車に乗っています!

今から免許なんてと思っているアナタ!

今からでも大丈夫。

必ず乗れます。

どうぞ、相方の体験談、読んでみてください。

 

50も過ぎて、イマサラ…免許もな。

諸事情により、相方とマメムは引っ越しました。

そこそこの田舎です。

車がないと買い物にもいけません。

マメムは、長い間、封印?していた運転免許を26年ぶりに活用することになりました。

その時の記録は、こちらにまとめてあります。

関連記事

自慢じゃありませんが、26年ペーパードライバーでした。 今回は、当時の気持ちを語っています。   運転恐怖。絶対に運転なんかしないと思っていました。 マメム 運転怖かったわ。ホントに怖かった。 […]

白い自動車が走行中

26年の封印を解くのは、そりゃもう恐怖以外のなにものでもありませんでした。

けれど、いかんせん、相方のは免許がない…。

相方は、若いころから愛用している「原動機付自転車」つまり原チャリで、トットットッと、毎日、それは元気に通勤しておりました。

しかし!

引っ越してから数か月たったある日、ポソッとつぶやいたのです。

 

「50も過ぎて、イマサラ免許なんて無理だよね…」

 

おお~。

これは…。

相方の否定的つぶやきは、本当はやりたい、肯定してもらいたいの意味。

 

50歳過ぎて…、イマサラ…。

いや、そんなことはない!

と思う…。たぶん…。できる…。気がする…。

心の声は、少々弱気なマメムでしたが、外に向かって出した声は、強気!やる気!元気!

 

「大丈夫! 取れるよ。だって、原付には乗ってるし。ルールは分かるじゃん!」

 

相方は、満面の笑み。

やっぱりな、欲しいんだ、免許。

 

かくして、なんだか、アッサリと相方の教習所通いが始まりました。

 

今の教習所は、昔と違うのね。

マメムが、教習所に通っていた時代は…、

教官?が怖いとか、

年齢と同じぐらいのお金がかかるとか、

そんなことを言われてた記憶があるのだけれど…。

 

今は、普通にオートマ車限定で取れるし。

教官は、優しいらしいし。

お金も、すべて込みのパック料金みたいな感じで、単位を落としたら料金が増すみたいなシステムではなかった。

 

マメムのイラスト
マメム





昔は、ミッションで取るのが普通だったし。単位を落としたら、授業数が増えるから料金増したのよ。
 
緑の帽子の子
ハテオ
だから、単位って何? そういうのなかったんだけど。
 
たぶん、あったと思う。
単位みたいな呼び方じゃなかっただけだと…。
とにかく、技能講習の課目がいくつかあるのは事実。
でも、補習みたいなことになっても、追加料金はかからなかった。
パック料金、補習費用込みと申込書に書いてあったもの。
安心だわ。
相方、何回でも補習を受けてきなされ。
とことん、教えてもらうがええ。
そして、もう、遠い過去の記憶となった私の教習所時代を取り戻しておくれ。
 

なぜか、教習所の人気者になったらしい。

やっぱり、50歳を過ぎてから、普通自動車免許を取得される方は多くはないらしい。

でも、いないことはない!

相方の前にも、なんと60代の方が免許を取得しに来られたそうで。

 

「まあ、でも、かなり前ですけどね~」

 

受付のお姉さんは、にこやかに笑っておっしゃった。

 

ずいぶん前か…。

 

でも、ゼロではない。

不可能でもない。

頑張れ。相方。

 

相方は、仕事が終わってからしか教習所には通えない。

土日祝に頑張って予約を入れられればいいのだけれど。

だいたい、素早い若者たちで埋め尽くされてしまう。

スタートダッシュが遅いのだ。仕方がない。

でも、楽しそうに通っていた。

実際、楽しかったらしい。

 

「学科は、頭が痛いよ~。覚えることいっぱいでさぁ」

 

などと愚痴っていたが、顔は、ニヤニヤしていた。

久しぶりに学生っぽいことができて嬉しそうだった。

 

教習所の皆さんも、やはり珍しい50代の相方を、なんとしても合格させたいと思ってくださったらしく、受付のお姉さんも、教官も、すれ違うたびに声をかけてくださったそうな。

「ハテオさん! 調子どうですか?」

「この前、イイ感じだったみたいですね。その調子ですよ。」

 

と、相方が調子に乗り過ぎて舞い上がるぐらい気にかけてくださった。

有難いですね。

 

 

そりゃ、目も悪くなるし、覚えも悪くなります。でも、来年より今年の方がマシなのです。

相方も、楽しい嬉しいことばかりではありませんでした。

そりゃ、自分より年下の教官に指導されるんだから、多少のね、あれはね、ありますよ。

でも、それでも、総合で、やっぱり「楽しかった」らしいです。

 

そりゃね、目も悪くなりますよね。

物覚えもね…、まあね。

 

でも、今年の方が、来年よりは、物覚えいいハズ。

目もいいハズ。

 

ベテランドライバーの写真

 

マメムも相方も考えました。

今、免許を取得しても、すぐに返上しなければならないなとか。

本当に、そこまで必要かしら?とか。

 

それでも、チャレンジして良かったなと思うのです。

相方も、何かわからない自信がついたようです。

 

そばで見ていただけのマメムも、もう無理かもなと感じる心が一つ減りました。

相方が、補習受けたり、仮免落ちたりしながらも、頑張ってる姿を見て、自分も、まだまだやれるな~と思うようになりました。

ベタだけれど、

もう50歳と言うより、

まだ50歳と言いながら過ごした方がいいですよね。

いくつになっても、やりたいと思ったことは、できるってこと。

そう言いながら生きていけたらいいな。

 

もし、50代、チャレンジすることに、ためらいを感じているなら…。

思い切ってやってみて。

私も、また、思い切ってチャレンジしながら生きたいと思います。

一緒に頑張りましょう。