車が走行中に故障した! 初心者がいざというときにあわてないために。発煙筒と三角停止板は積んでおきましょう。そして保険会社に連絡です。

修理中の車の写真

車…、故障しました。
本気で怖かった。

というわけで、いざというときに慌てないため心の備えはしておきましょ。

マメムが経験したことをまとめました。

ご参考までに。

目次

走行中に故障? 慌てず騒がず、安全な場所に停車しましょう。

マメムの車、走行中に突然、失速したのです。

いやぁ、怖かった。

そんなことは、めったにないとは思いますが、もし、あなたの車が走行中に異常状態になったら…。

慌てるなと言うのは無理かもしれませんが、できるだけ落ち着いて、すぐに安全な場所に車を駐車させましょう。

大抵の場合は、後続車の邪魔にならないように、路肩に止めることになるでしょうね。

マメムもそうしました。

このとき、要注意なのが、
「なんかおかしい? ちょっと様子みよう…」
という考えが頭に浮かぶことです。

これ、ダメ!

修理中の車の写真

様子見ている間に、やっぱアカン、マズイってなって、でも、停めるとこがないじゃんってなったら、どーします?

アカン、マズイ、もう動かんってなったら?

異常を感じたら、速攻で安全に止められる場所を確保しましょう。

様子見る時間で、マメムなら駐車できる場所をさがしますね。

たまーにですが、道路の真ん中でハザードつけて停車している車を見かけることがあります。

以前のマメムなら、

邪魔なんですけど~?

と、心の中で文句たれながら走り去ったと思います。

でも、故障を経験した、今は違う!

おお~。どうしたんだ? 
こんなところで怖かったろ~。
早く助けがくるといいね。
頑張れ!

心の中で最大限の応援をしながら走り抜けます。

道路の真ん中で停止しなければならないなんて、その精神的な苦痛よ!

想像するだけで胃が痛いわ。

路肩で停止させてるときだってね、やっぱり後続車に迷惑なことは変わりないし。

故障して不安でいっぱいなのに、後続車に対しての申し訳なさも重なるし、本当に参りましたよ。

だからね、異常を感じたら、様子見なんかしないで、なるべく速やかに安全なところに停める努力を!

すぐに保険会社に電話しよう。

車が故障したら…

迷わず保険会社に電話です。

マメムの友人は、「事故でもないのに?」と言いましたが当然のことです。

故障でもレッカー車とか手配してくれます。

任せていれば大丈夫です。

保険料もあがりませんよ。

で、不安なこととか疑問とか、どうすればいいかとか、

ガンガン質問しましょ。

三角停止版は、車に積むべし。必須です。

マメムの車が故障を起こしたのは、一般道でした。

それも、広い国道ではなくて、人通りもない、そこまで車も通らない県道の田舎道でした。

それでも、通勤の時間帯だったので、そこそこ車は走っていました。

と言っても、15分ぐらいだけなんだけど。

レッカー車?が到着するまで1時間半。その間の最初の15分ほどだけ通勤の車が走ってました。

その後は、シーンとしてた。

誰も何も通らなかった…。

そんな道で故障したのは、不幸中の幸いだったかもしれない。

それでも、その15分間は…。

道ばたに立って、ずっーと走ってくる車に頭を下げ続けましたよ。

みなさん、すぐに察して避けて通過してくれました。

1台だけね、めちゃめちゃクラクション鳴らされて怖かった…。

三角停止版のイラスト

ああ~、三角のやつ(その時は名前もわかってなかった)、ちゃんと設置してないしな。そりゃ、イライラするよね。ごめんなさい。ごめんなさい。マメムが悪いのでございます。

その時は精神状態が異常に謙遜というか、卑屈になっていたからね~。

半泣きになりながら、一生懸命に頭さげました。(声は聞こえないもんね。)

「三角停止板」は、積んでおくこと。

交通渋滞になったら警察に電話です。お巡りさんに交通整理してもらいましょ。

事故でもないのにいいのかなって思いますか?

もし、交通量の多いところで故障してしまったら、迷わず警察に電話です。

検索して、最寄りの警察署に連絡して、事情を話せば、お巡りさんが来てくれます。
そして、棒を振り振りして交通整理をしてくれます。

大丈夫です。料金を請求されたりしませんから。

お巡りさんが来てくれれば、そりゃ、もう、めちゃくちゃ安心ですよね。

マメムが、故障したときにも、実は、通りがかりのオジサン(自転車乗ってらした。)が、近所の交番に言うたろか?と仰ってくれたのです。

ベテランドライバーの写真

だけど、前述したとおりの交通量なので、オジサンが通ったときには、もう通勤ラッシュ?も終わっていて。

「寒いけど、頑張ってね。」(真冬だった…。)

そう言って帰って行かれました。

話し相手に少しなってもらって助かりました。

マメにメンテナンスを。そして、いつでも持ち込める修理工場の確保を。

一番大切なのはコレ!

とにかく、少しおかしいな、いつもと違うなと思ったら必ず修理工場で点検して。

マメムの愛車は、もう直しようがないとのことで廃車になりました。

もちろん、修理代、めちゃくちゃ高く払えば直せましたけどね。

もう少し早く見てればねぇ~。なんかしら手もあったかも。

工場の人にそういわれて以来、マメムはオイル交換のたびに点検してもらっています。

いざというときのためにも、行きつけの修理工場を確保しときましょう。

買ったところで見てもらうのが一番いいと思います。

だから、特に中古車を買うときには注意!

そのお店、自分のとこで修理までできますか?

安さだけでお店を選ぶのは得策ではありませんよ。

絶対に大丈夫なんてことはない。いざという時のための心備えは大切です。

マメムも、実際、自分が故障して路肩に停めることになるなんて思いませんでした。

三角停止板と発煙筒は必須ですね。

いざという時のために、マメにメンテナンスと心の備えを!

ほとんどの保険会社がロードサービスを付帯しています。保険とは、そういう時のためにあるのです。迷わず電話です。たいていカバーできると思います。

安心で快適な運転を願っています。

この記事を書いた人

MAMEMU(マメム)です。
イマサラだなぁと思って何も始めない。
それでは何も変わらないのでイマサラだけど色々始めた。
せっかくなのでイマサラ始めたことをブログにしました。

広告

目次
閉じる