初心者のための畑の雑草対策!梅雨に入るまでが勝負です。

マメムです。

お友達のPちゃんは、少し天然素材…。

そんなPちゃんが畑を始めました…。

5月は、夏野菜の植え付けなんかで、畑仕事が一番しんどいし、楽しい時期。

そんな、5月の畑を見て、Pちゃんが言いました…。

「うちの畑、ぜんぜん雑草生えてない。畑仕事、楽勝じゃん!」

 

農園借りたばかりで、Pちゃんのように思っているアナタ!

雑草…甘く見ていたら、後々、泣くことになりますよ…。

 

雑草は、梅雨のあとにメキメキ生える!

農園を借りた初年度…、

受け渡し前に管理のお兄さんがキレイに整備してくれて…。

畝を立てればいいばかりの状態で貸し出してくれました。

楽ちんだった…。

泣いている子のイラスト
マメム
本当は、漉き込んでくれたのは堆肥だけで石灰は自分ですき込む必要があったのよ…。
緑の帽子の子
ハテオ
次の年、しんどい思いをしたもんな。
次の年どころか…、初年度もえらい目に遭いましたわ…。
本当に「知らない」って怖いよね。
だいたいマメムは、あまり考えずに飛び込むタイプなので人一倍えらい目に遭うことになります。
 
雑草も、そりゃぁ、たいへんな目に遭いましたよ。
 
初年度のマメムは、Pちゃんと同じセリフを吐きました。
「うちの畑、雑草はえないのね。楽勝だわ。」
 
そんなわけないやん!
 
雑草、生えますよ!
必ず、生えますよ!
 
今、美しく見えている、その畑…、
そのまま雑草対策せずに、梅雨明けを迎えたら恐ろしいことになりますよ!
経験者のマメムが言うのです。
間違いはありません。
 
初年度のマメムの畑…、写真を撮っておけばよかったな。
本当にヒドイありさまでした。
5月はキレイな畑だったのに…。
6月、7月とジャングル化していきました。
大げさではありません。
ヒザぐらいまで草ぼうぼうでした。
下記は、うちの畑ではないけれど、こんな感じでした。
嘘…、もっと酷かった。
 
雑草の写真
 
いやぁ、もう、すごい勢いで生えるよ。
最初は手で抜いてたけれど、間に合わないから鎌を買って、相方と二人で刈りまくった。
腰も心も折れかけました。
次の年からは、真面目に雑草対策しました。
今は、雑草に、そこまで悩まされません。
 

黒マルチは必須アイテムです!

たぶん、ほとんどの人が知っているし、みんな無謀なことはしません。

今年も、マメムの貸農園に新規の方が何組か来られましたが、みなさん、ほぼ、マルチを使用されています。

でも中には、初年度のマメムと同じように黒マルチを使用していない方々もおられます。

自然農法?っていうのかな…。

こだわりを持ってされている方もいるかもしれませんが…。

「特に何のこだわりもない、ちょっと面倒くさいし。」

そう思っている、マメムと同じタイプのアナタ!

ダメ!

本当に!

少しの手間を惜しんだために、あとで大きな手間をかけるハメになりますだ!

どうぞ、あっしの言う事を聞いてくださいまし。

雑草と黒マルチの写真

 

上記は、マメム家の畑の一部です。

指差しをしている部分は、土手?なので手入れはしていません。

雑草生えています。

でも、うちの畑も放っておけば同じようになります。

もちろん、黒マルチをしていない畝と畝の間には、雑草が生えてくるのだけれど。

でも、たいしたことないです。

マルチを張るときに、土をひっくり返したり、マルチの端っこを埋めたりするでしよ。

そのときに結構、雑草がなくなるというか…。

まあ、つんつるてんに一度はなります。

それを維持するのは、生え切ってボウボウになった雑草を絶滅させるよりは労力が少ないです。

 

まだ雑草が生えないうちに、一度、土をひっくり返そう。

マメムが行った雑草対策で、まあまあ効果あったのは、コレです。

雨が降った翌日がチャンス!

もちろん、梅雨に入る前。

5月中がいいと思います。

雨で土が柔らかくなっていますよね。

うちの畑は、水はけがあまり良くないから、足場がぐちょぐちょです。

でも、そこにスコップ(関西ではシャベルかな?)を使って、土をひっくり返します。

コネ回すっていうのかな。

とにかく、雑草が生える前にやることが大切です。

なんでも、「菜園道研究家 沖田和雄」という先生が、「雨の日の翌日は畑に行こう」とこの方法を提唱しておられるそうな。

雑草に限らず植物が成長するには、それなりのメカニズムがあるとうことで、生えさせないためには、そのメカニズムを壊せばいいという理由らしい。

読んだけど、よくわからなかった…。ごめんなさい。

一応、雨が降って、気温も上がって、よっしゃ、生えるぞ!と意気込んでいる雑草の気持ちを砕くことが大切というふうにマメムは理解しました。

前述したように、マメムの畑は、雨の翌日は、足元がぐちょぐちょなので、スコップを使用します。

でも、水はけの良い場所なら、馬鍬や狐鍬で擦るというか、土の表面を削る?だけでもいいみたい。

イメージとしては、土をかき混ぜる、引っ掻き回すって感じかな。

農家の人のイラスト

これね、いいよ!

完全に永久に生えてこないかって聞かれたら、

そりゃ生えてきますよ。

でも、生えてくるスピードは、確実に遅くなる!

でね、またやるのよ。

雨の日の翌日にね。

 

カラカラに乾いてる日も、マメムは、ねじり鎌でカキカキと削ります。

これで、だいぶとキレイが保てるものです。

 

もう間に合わない。雑草が生えてしまった場合。除草シートを活用しましょう。

これはね…、たいへんだよね。

とにかく刈るしかない。

鎌でガシガシ切って。

根っこが残っていてもいいから、とにかく見栄えが良くなるまで刈る。

誤解している人が多いようですが、雑草は、本当は根っこを抜かないほうがいいのです。

少し、土に鎌が入るぐらいのところで、根っこを残して切る!

詳しい切り方は、またマメムの別の記事でまとめたいと思います。

(思ったより長い記事になっちゃったから。)

 

その後、事情が許すなら、畝と畝の間には、除草シートを張っておきます。

畝に野菜が植わっているなら、もう、マルチは張れませんもんね。

でも、何か、できるだけ何かで覆った方がいいですね。

刈った雑草を干してカラカラにしてから覆うとか。

そのまま使うと、せっかくの野菜が病気になってしまうかもしれないから注意して!

 

おそらく、雑草がガンガン生えていて手に負えないってことは、夏ですよね?

梅雨明け、真夏、残暑…。

どの時期かは、分からないけれど、暑いことは間違いないですよね?

マメムなら、根絶は涼しくなってから始めますね。

とにかく、ザーッと刈って、除草シート。

冬まで眠らせてから根絶します。

毎日、通えるならともかく、週に1日とか2日しか通えないなら、夏の雑草には立ち向かえません。

毎週、草刈りに時間を割くことになるでしょう。

初年度のマメムのように。

 

最後の手段としては、除草剤を使用するということでしょうか。

でもね、生き生きとしている雑草ってね、結構、強い除草剤じゃないと効果が薄いからね~。

あまりオススメではありませんね。

 

とにかく、雑草は早い目に対処するのがベスト! 梅雨明けまでにはやりましょう。

とにかく、雑草は、でてきてからでは遅いのです。

出ないようにする!

生えないようにする!

これが、一番いい雑草対策なのです。

最初が肝心なのです。

マメムのように雑草で弱り果てて、せっかく楽しい収穫の季節を台無しにしないでください。

夏野菜の収穫は、一年で最も楽しいと言っても過言ではありません。

そんな時期に、雑草に悩まされるなんてもったいない。

 

もちりん、雑草は、必ず生えます。

いくら対策していても、やっぱり生えます。

でも、対策するのとしないのとでは、その労力は大違い!

 

雑草へ使う力を半分にして、収穫の季節を楽しく過ごしてください。

 

ちなみに、沖田和雄先生の本はこちら

狐鍬はコレです。

マメムが使っているネジリ鎌はコレ。

マメムは、長いのを愛用。でも、短い方が使いやすいのかな?

 
マメムのその他の雑草対策の記事はこちら。
根元から草をき切る法です。
合わせて読みたい

マメムです。 小さい畑やってます。 毎年、雑草との激しい戦いでした。 最近、少しラクチンになってきました。 キッカケは、雑草の抜き方を変えたこと!   雑草は、根っこから引き抜くものだと思いこんでいました。とんだ間違いだっ[…]

ピンクのカタバミの写真
それでは、楽しい美味しい農園生活を!