ハチク(タケノコの細いやつ)は、すこぶる青くても食べられるのか?実際、食べてみた。

普段、スーパーなどで売っているタケノコは、「孟宗竹モウソウチク」と呼ばれるそうです。

淡竹(破竹とも書くハチクと読む)は、普通のタケノコを細ーくした感じです。

スーパーなどに流通はしていないもよう。

マメムも、そこそこの田舎に越すまでは、恥ずかしながら存在すら知らなかった。

地方の道の駅なんかで購入できるらしいです。

今回、我が家にやってきたハチクは…、

すこぶる青かった。

食べられるのか?

はい。食べてもみました。

その結果をお知らせします。

 

ハチクは、背が小さくて、少し太ったものを選ぶべし!

ハチクの選び方なんて、知らなければわかりませんよね。

実際、マメムも最初に見た時には、ナンジャコリャ?って思いました。

食べられるのか?とも思いました。

もちろん、食べられます。

モウソウチク(普通のタケノコね)と比べると、若干、香りというか、独特の風味は薄い気がしますが。

 

でも、ハチクは、アク抜き不要です!

手軽です!

これは素晴らしい利点ですよね。

 

選び方のコツは…、

背が低くて小太りなものを!

 

何だろう…、モウソウチクの穂先と姫皮(つまり先端)を食べるというイメージかな?

柔らかいくて美味しい!

ぜひ、手に入ったら新鮮なうちに食べて欲しいなぁ~。

日にちが経つとね、どうしても味は落ちるし、エグミが増します。

そうすると、やっぱりアク抜き必要だってなっちゃいますからね。

 

我が家にきたハチクは、すこぶる青かった。

今回、相方が買ってきたハチクは…、

背が高くて細身…だった。

おーい! 相方~。

こりゃ、どういうこったい?

緑の帽子の子が泣いている
ハテオ
だって、知らなかったんだもん。選び方。
相方が言うには、「やっぱり何でも大きい方がお得感があるじゃん。」と。
 
50cmぐらいはあったかな~。
マメムなら、20cm~30cmまでのものを選びますね…。
 
ちと、成長しすぎな感は否めません。
皮を剥いてみました、
淡竹の皮を剥いた写真
 
えっー!
竹やん!
完全に竹になっとるばい…。
 
これ、食べられるのか?
先っぽの部分だけ食べようか…。
 
かなり思案し、とりあえず切ってみることに。
 
淡竹を切り分けた写真
 
切った感じは、青いわりには柔らかい…。
少し押してみた…。
淡竹を押してみた写真
 
爪を立てている感じになっていますが…、
抑えただけです。
軽くよりも少し力を入れましたが、食べられないとまでは言えない硬さ…。
うわぁ、微妙だわ。
 
 

青いハチク、全部、食べることにしました。

青いハチク食べられるのか?と、検索しまくり、調べつくしたが、結論は出ず。

もう、面倒になったので、全部、ゆでちゃいました。

ゆでたハチクの写真

いつもより長時間ゆでました。

普通なら、10分から15分ぐらいかな?

でも、今回は、30分以上は茹でた。

色が、少し変わってますね。

こりゃ、食べられたとしても風味はゼロだな。

かじってみました…。

筋っぽいかな…?

アスパラの大きいやつの筋って感じ…。

食べられない硬さではないが…。

美味しくはない。

 

アスパラの筋をむく感じで、筋とり的なことをしてから調理しました。

ミンチがあったので一緒に炒めました。

チンジャオロースもどき?です。

タケノコ炒めの写真

まあ、料理ブログじゃないからね。

美味しいそうには見えないけれど良しとしよう。

 

さて、実食。

 

ふん。

ふん。

ふ~ん…。

 

食べれるな…。

筋っぽいけどね。

咀嚼して飲み込めないほどではない。

 

青い部分を、一皮むけばよかったかもしれない…。

もう少し細く切れば良かったかもしれない…。

相方と二人で、ふんふんと意味なくつぶやきながら、全部いただきました。

青いハチク…一応、食べられる。

 

結論…。食べられるけど、決してオススメはしない。

ハチクは、食感を楽しむためのものだと言われたりします。

ハチクでメンマを作る人が多いのは、その食感の独特さがいいからなのでしょうね。

確かに、モウソウチクに比べると、シャリシャリ感が美味しいと思います。

たたね~、

シャリシャリとガシガシでは、えらい違いですから。

ガシガシって、もはや食感じゃありませんから…。

 

少し青いぐらいなら…、まあ、好みもあるけれど…、

マメムなら食べます。

 

でも、今回ぐらい青くなっていたら…、

先端だけを調理されることを強くオススメします。

あそこまで成長していたら、もはや竹、青竹ですから~。残念!

 

青いハチクを食べて1日たった現在…、

マメムの胃は、少し、痛いような気がしております(笑)

 

時間があれば、「ハチク メンマ」とかで検索してみてください。

他の方のハチクが、どれぐらい美しいタケノコ色をしているか…。

本来の色は、こんな感じです。(この画像は、モウソウチクですけどね)

タケノコ料理の写真

もし、どこかで、タケノコの細いやつが売っていたら…。

それがハチクです。

買ってみてください。

背低めの小太りを選んでね!

アク抜き不要。

そのまま使用するもよし、少し茹でて使うもよし!

手軽に炒めて、和えてホイっと食べられます。

 

マメムの食べられるのかシリーズ?
大きくなりすぎたズッキーニを食べてみた記事はこちら。

合わせて読みたい

混植栽培実験中のマメムです。 育ちすぎたズッキーニ…。 あなたは、どうしていますか? 捨てちゃう! そんなのもったいない。 かなり美味しく食べられます。 大きくなりすぎたズッキーニは美味しくない? 大きくなりすぎたズッキーニっ[…]

 

それでは、また!