サーモスのフライパンすぐ焦げ付くのは本当か?使って2年たったのでレビューします。蓋して使ったら最強かも。

焦げ付かないフライパン、ずっと探していました。
迷いに迷って、サーモスを購入。
口コミ評判では…、

すぐ剥げて焦げ付く
重たくて煽れない

そんな書き込みをよく見ます。

使って2年たったので、それらの口コミを踏まえて使用感をば…。
あくまで個人の感想ですが…。
参考になれば幸いです。

 

サーモスのフライパンは、すぐ焦げ付くようになるって本当か?

ずっとフライパンは消耗品だと割り切ってきました。
安ーい1000円ぐらいのフライパンをこびりつくようになったら買い替えて。

でも、サーモスのフライパンにしてから1度も買い替え無し。
まあ、当たり前と言えば当たり前ですが…。

我が家のサーモスです。
使用2年目。

フライパンの写真

 

どうでしょう…。
洗い残し感はお許しを…。
お分かりのように、マメムは、たいしてきれい好きでもなく…
どちらかと言えばズボラな方で…。

それでも、2年目のサーモスフライパン、大きな傷はありません。

一応、気を付けて、金属製のヘラは使用していませんが。
(もともと安いフライパン時代から金属ヘラは使ってなかった。)

もちろん、毎日、使っています。
取っ手がとれるので、そのまま食卓に出したりもします。

でも、焦げ付かないよ…まだ。

このまま、3年、4年、5年と使い続けたら、いつかは焦げ付きやすくなっちゃうのかもしれないけれど。

特に気を付けてお手入れする必要もないし。
柔らかいスポンジで、スルッーと洗えば簡単に汚れも落ちるし。

ガシガシ金属ヘラで擦ったり、金属たわしでゴシゴシ洗ったりしなければ、結構、長持ちするんじゃないかなぁと思います。

 

サーモスのフライパンは、重たい、煽りにくいって本当? 

これはね~。本当。
サーモスフライパンの弱点の一つだよね。

野菜炒めとかね…、
ちょっとフライパンを持ち上げて、シャッーと振ってね、調理したいときありますよね。
うん、サーモスのフライパンでは無理かも…。


重いし…取っ手がとれるタイプだからか扱いにくい気もする。
か弱き女性の身には辛いかもね。

そもそも、短時間高温の炒め調理には向いていない気もする。

まず、サーモスのフライパンは、一気に高温にはなりません。
火にかけて、すぐにカンカンに熱くはならない。

最初はね~、これがウットーシイというか…。
うりゃっと、食材を投入してもジュッーって言わない…。
なんでやねん、ってなります。


ジュッーって言わせたかったら、しばし待って。
3分待てば大丈夫だと思う。


(ごめんなさい、適当です。いつも待てないから低温時に材料投入して蓋して放ったらかしにしているのでわからない…。)

でも、まあ、慣れればね。
食材入れて、蓋して、放っておけば、焦げ付きもせず、なんかしら完成します。


焦げ付かないっていうのは、焦げ目がつかないってことではありませんよ。
ちゃんと、美味しそうな焦げ目もつきます。

ただ、料理はガス火の高温でバンバン煽って炒めなきゃという方には向いていないフライパンかなと思います。

蓋をして放っておけば、めちゃめちゃ美味い。蓋が最強だと個人的には思う。

ちょっとクセ?のあるサーモスフライパンですが…。
マメムが気に入っている最大の理由は、なんと言っても美味しく調理できるから。

あのね…、美味しいマズイって、
これは個人の嗜好の問題になると思うんだけれど。

ホットケーキを焼いてみて欲しい。
普通の安売りのミックス粉で。
我が家は特売のミックス粉で何の裏技も使わず、適当に混ぜて、ただ焼きます。

でも、サーモスのフライパンで蓋して焼いたら…。


本当に、フワッ感が違う!(写真はイメージです。)

パンケーキの写真

焼き芋も、アルミホイルにくるんで、蓋して放って置いたら…。


あら、不思議…。
いや、本当に美味しくできますから。

 

普通の焼き物?
チキンステーキとか…
(我が家のステーキはチキンです。鶏で十分です。)


蓋して放って置きます。
むね肉でも意外としっとり焼けます。

煮魚も、ふっくら仕上がる気がする。

サーモスの保温効果は水筒で実証済み。
その技術なのかな?
たぶん熱の循環具合が蓋で良くなるんじゃなかろうか?

マメムは、焼き物も煮物も蒸し物もスープ系もカレーも、ほとんどの料理をサーモスのフライパンで作ります。

 

揚げ物だけはやらないけどね。
サーモスのフライパンは、油が多い調理には向かない気がします。


これは、マメムの調理の仕方がマズイだけかもしれないけど。
なんか、油を多めに引くとベチャベチャするような…。
油なしのほうがパリッと仕上がる気がする。
健康にいいフライパンだ…。

 

で、この蓋の最大の欠点が…
持ち上げにくいこと。

蓋に取っ手が付いてるんだけど…
こんな感じ…。

ちょっと汚いけれど…ごめんなさいね。

フライパンの蓋の写真

調理中は、このように立てて使っているのだけれど、知らないうちにパタっと倒れていて。

フライパンの蓋の取っ手

そうすると、調理が終わって、いざ持ち上げるとき…、


熱いのよ。

これが、もうすこぶる熱いの。

まあね、鍋掴みで持てばいいんだろうけど。

もう少し倒れにくくしてくれないとね…。

 

サーモスのフライパン、ガンガン煽り調理をしない人ならお買い得かなと思います。

サーモスのフライパンは、フライパンだと思わなければお買い得かと…。

フライパンが欲しいんだよ、何言ってんだ?
という声が聞こえてきそうですが…。

もちろん、フライパンとしての機能も抜群なことは間違いありません。


でも、火点けて、ちょっと待たないと熱くならないとか…、
煽り調理に不向きとか…。

ちょっとフライパンとしては、どうなの?という声が聞こえてきそうですが…。

ただね、煽らなくても、そのまま放っておけば、しっかり焼けます。
しかも、ふっくら焼けます。


大きささえ合えば、フライパンのままオーブンに入れて調理できます。
グラタンとかラクチンに作れます。

パンも焼けます。

フライパンを使った発酵も、まあまあ簡単。
(カバーとかセットになっているものを購入しないとダメですが。)


パン生地丸めて、フライパンごとオーブンにポン。
そのままオーブンで焼くよりモッチリ感でます。
パサパサになりにくいのかな。

 

そして、これも大きさが合えばですが、食洗機にかけられます。


いやぁ、これは嬉しいお知らせだったんだけど…。
マメムのミニ食洗機には、28センチのサーモスフライパンは入らなかった…。

でも、個人的には、このフライパン、かなり気に入っています。

鍋の代わりにもなる丈夫なフライパンを探している人には、いい買い物じゃないかなと思います。

フライパンを探している方は、候補の一つに加えて検討あれ。