【実体験】akippa(あきっぱ)を借りたら別の車が停まってた。こんな時どうする。

カワイイ車の写真

*当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

akippa(あきっぱ)ってどうなのかしら?と思っている方へ。

実際に利用してみて、トラブルに見舞われたマメムが対処方法などをお知らせします。

参考にしていただければ幸いです。

目次

akippa(あきっぱ)って何?

まずは、akippa(あきっぱ)について簡単に説明しますね。

akippa(あきっぱ)とは、「駐車場が余ってるんだけど」という人と、「短期間、短時間だけ安く駐車場かりたいんだけど」という人をマッチングさせるシステムのことです。

駐車スペースを持て余しているなら、個人でも法人でもOK!

つまり、個人宅の駐車場でも貸し出せるってこと。何もしなくても小遣い稼ぎができちゃうってことですね。

借りる方も近隣の「ほにゃららタイムズ」みたいなところより格安で借りられるので、まさにWin Win 相互利益 上手いこと考えましたなぁというシステムなのです。

以下、akippa(あきっぱ)の公式サイトから引用しますと…

個人宅やマンション、事業所などの空いているスペースをお持ちの方(オーナー)が、akippaに駐車場の登録・掲載行い、駐車場を利用したい方(ユーザー)に提供します。
ユーザーは、akippaにて駐車場をオンライン決済で簡単に予約し、利用することができます。
オーナーは、駐車場が利用された料金に応じた報酬を受け取る事ができます。
空いているスペースを有効活用した、今までにない新しいシェアリングサービスです。

akippa(あきっぱ)公式サイトより

我が家では、相方がakippa(あきっぱ)を発見?しまして…

今度の旅行では、ぜひともakippa(あきっぱ)を利用したいと大興奮でありました。

何せ利用料金が超お安いのでね。

場所にもよるのだけれど、我が家付近では、1日400~600円って感じでしたね。

1日ですよ! 24時間!

それが400円で借りられるなんて…

車が必需品の我が町では、それは有難い値段なのです。

だって、三泊四日の旅行に出かけるときにね、24時間2000円のところに停めたら、どーなりますか?

もう一泊できるわってほど駐車料金がかかるわけです。

我が町は、最寄りの駅まで車なしではたどり着けないし…

電車に乗ったり、飛行機に乗ったりする旅行は、駐車場代のことを考えると引いちゃって…

もっぱら車で行ける場所に限定しがちだったけど…

マメムは、高速に乗りたくないので、旅行は、もっぱら近場となります。

ハテオ

普通の人なら日帰りコースだだべな

マメム

ほな、アンタが運転せい

akippa(あきっぱ)を発見して、相方が興奮して飛び跳ねていたのには、そういう事情があるのでした。

うまくすれば、もしかしたら、北海道なんかに行っちゃえるかもしれない。

全国旅割りがあるうちに行きたいのだ北海道!

というわけで、マメムたちは、akippa(あきっぱ)を大歓迎したわけであります。

akippa(あきっぱ)の予約は特に難しくはない

さて、なんやかんやで念願の北海道旅行が決定!

イヤッホー!

大はしゃぎする二人組。

全国旅割り最高!

某買い物サイトのポイント最高!

コツコツと二人で何年もかけて貯めたポイントを全放出!

そして、大げさではなく、akippa(あきっぱ)の安い駐車料金のおかげです。決心がついたのは。

予約の方法は可もなく不可もなく

さて、akippa(あきっぱ)の予約システムは、まあ難しくはない…

が、簡単でもない…

いろいろ入力したり、どんな予約でも最初はメンドクサイよね。入力しなきゃいけないし、色々と。

でも、すごくヤヤコシイとかはない。

普通だと思う。

予約する場所は慎重に

今回、マメムたちは自分の町の最寄り駅付近に駐車スペースを予約しました。

これがね、akippa(あきっぱ)の特徴なんだけど、駐車スペースを貸してくださるのは個人のお宅だったりするわけでしょ。

だからね、分かりやすいところにあるとは限らないのよね。

マメムたちは、今回、我が町だったので、何となく土地勘もあって、あの辺りねって分かったけれど。

旅先で確保するときは、なるたけ分かりやすいって書かれているところをオススメしますね。

akippa(あきっぱ)のココは良いところだなと思ったのは、前に借りた人の口コミが読めること。

結構、みなさん、きちんとコメントを残してくださっていて、その情報が重宝しました。

なんやかんやと一悶着(二人の間でね)ありましたが、最終的には、相方が責任をもって決定し予約してくれました。

いや、久しぶりに、相方の真剣な姿に笑えたわ。

そんなにも行きたかったんだね。遠出の旅行。

ごめんよ、いつも、すぐそこの休暇村で(笑)

なんとトラブルが発生しました。

実は心配性のマメム…

akippa(あきっぱ)のおかげで、遠出の旅行を決心したのはいいけれど、いざ、予約という段になって急に不安に駆られた。

akippa(あきっぱ)を利用するにあたって、トラブルが起きたらどうするのか?

それが、とても心配だった。

一悶着も、それが理由。

だってさ、個人宅の駐車場を借りて、なんかあった時どーすんのよ?

法人が駐車場を持て余してる広い何台も停めるスペースがあるところなら多少の間違いが起こっても何とかなるかも。

でも、個人宅の1台しか止められない駐車場に、間違って別の車が停まってたら、どーすんのさ?

うちの近隣には個人宅の貸し出ししかないしさ…

などと、ワチャワチャわめき散らすマメムに対して…

ハテオ

大丈夫。そんなにしょっちゅうトラブルなんて起こらない。

その一点張りで、相方がakippa(あきっぱ)利用を強行突破した。

利用当日、別の車がすでに停車している!

さて、当日…

予定より早めに家を出た。

今から思えば、その行動が本当に良かった。相方を叩き起こし、早めに出発した自分を褒めてやりたい。

目的の駐車場まで約20分。

付近に到着したのは早朝の5時だった。

どこかなぁ~、まだ暗くてよく分からんと思いつつ、指定された駐車場に辿り着く。

一瞬、心臓がバクンとなった。

と同時に相方がつぶやく。

ハテオ

なんか停まってる…

だよね…

どう見ても停まってるよね…

朝方だし、まだ静まり返っているし、一応、エンジンを切って、その場に停車する。

細い路地だったので、早朝とはいえ、他の車が来ないかヒヤヒヤしながら、二人でakippa(あきっぱ)からのメールを確認する。

場所を写真で確認…

うん、ここだと思うと二人でヒソヒソ。

相方が、車から降りて付近を確認に行く。

ハテオ

なんか、すぐそこに空いてる駐車場がある。

そう、すぐそこ、つまり向かい側に駐車スペースがあると言うのだ。

実は、マメムも気が付いてはいた。けれど、それだと方向がちがうのだ。

写真の駐車場は右端に壁がある。

空いている駐車場は左端に壁なのだ。

でも、もしかしたら、私たちの写真の見方が間違っているのかもしれない。

いつまでも路上に停車してもいられないし、マメムは、一旦、その空いている駐車スペースに車を入れることにした。

メチャクチャ停めにくかった…うん、泣きそうなくらい。

で、慎重に車をバックさせ、そろそろそろ…こつん

うん? タイヤが何かにぶつかった…

いや、変な言い方はよそう。車止めにあたったのだ。

何? それがどうした?

そう思うでしょう…ふつうなら気にしません。車止めが本来の役目を果たしただけですから。

でも、akippa(あきっぱ)から送られてきた駐車場の特徴にハッキリとこう書かれていたのです。

当駐車場には、車止めがありません。ご注意下さい!

マメムは、その特徴を覚えていました。

ええ、覚えていましたとも。

だって、めちゃくちゃビビったんだから。

絶対にぶつけないようにしなきゃって心に言い聞かせたのだから。

そして、確信した…

ここではない!

向きも違うし、車止めもあるし…

マメム

相方、ココじゃないよ。車止めがあるもん。

ハテオ

マジかっ

相方が、走って、すでに車が停まっているマメムたちが予約したであろう駐車場を確認する。

ハテオ

車止め、ありませんでした。

マメム

だろうね。

小雨が降りだした…

ココに到着したのが朝の5時。

そして、それから30分が経過した。

冬の空は、まだ暗い。そして雨…。

おい。これからどーするよ。

何が、トラブルなんて、滅多に起こらないだよ!

一発目からトラブルじゃないか!

そう心の中で真っ暗な空に叫びました。

トラブル回避? 結局、別の駐車場に停めました。

今でも我ながら相方に向かって罵詈雑言を浴びせかけなかったことを偉いと思っています(笑)

ここで喧嘩しても問題の解決にはならないものね。

こういう時、マメムの方が処理能力が高いというのは経験上わかっている。

相方には、相方の良いところが別にありますのじゃ。

マメムは、相方のスマホを取り上げ、akippa(あきっぱ)の連絡先を探す。

しかし、最近、電話番号って書いてないよね…

書いていたとしても、時間外だったり…

akippa(あきっぱ)の場合も、マメムが見落としただけなのかもしれないけれど、ザッと見た感じ、電話番号が見当たらなかった。

その代わり、チャットなるものを発見!

これだとばかりに送信する。

マメム

予約先にすでに車が停まっています。

返事来るのに時間かかるんだろうなぁと思っていたら、間髪入れずに返信がきた。

さすが、緊急お問い合わせ用のチャットだ!

akippa(あきっぱ)です。(本当は、もう少し丁寧にあいさつしてくれました)

確認のため駐車場の写真を送信してください。その車のナンバープレートも確認できるような写真をお願いします。

なんか他人の車の写真を撮るの気が引けたけど仕方がない。

写真を撮って送信する。

マメム

送りました。

確認しました。大変ご迷惑をおかけしております。

弊社のメンバー様の車ではございませんので連絡がとれません。近くに、弊社契約のオーナー様がいらっしゃらないので、別の駐車場をご案内できない状況です。近隣で、タイムズのような駐車場はございませんか? そこに停めてください。返金等の手続きは、またご連絡いたします。

マジっすか~

お問い合わせは、スムーズにできたけど、結局、問題解決になってないわけよ。

近隣の駐車場って言うけど、今から探すわけ?

マメムたちには、飛行機の時間があるんだよ。

マメム

近くに駐車場あるか分からないんですが?

ご紹介できる駐車場がその付近にはございませんので…

困ったなぁと思っていたら、野放しにしていた相方が戻ってきた。

ハテオ

少し先にタイムズ発見。停めるスペースある。

何?

でかしたぞ。相方。

マメム

代わりの駐車場が見つかりました。移動します。

では、よろしくお願いいたします。

素っ気ない感じがしたけれど、引っかかっている場合ではない。

すぐさま相方の誘導により某タイムズ駐車場に移動。

無事に停車。

一息つく間もなく最寄りの駅にダッシュ。

akippa(あきっぱ)とのやり取りを含めると約1時間のタイムロス。

しかし、ここで早めの出発が功を奏す。

何とか空港には間に合いそうだと思い心底ホッとする。

さて、人間、ホッすると欲の皮が突っ張りだす(笑)

ちゃんとタイムズの駐車場代が払われるのか心配になった。

akippa(あきっぱ)からメールが来ていることを確認する。

予約代金の返還か、代わりに停めた駐車場の代金を請求するか、どちらかを選んでください。

選択されたら変更はできません。

いやいや…なんだかなぁ。

akippa(あきっぱ)の予約代金ってさ、先払いだったわな。言われてみれば…。

そっか…どっちか選ぶのか…って、そりゃどっちを選ぶかなんて決まってる!

タイムズの駐車場代、akippa(あきっぱ)の3倍はするんだよ!

迷うことなく、タイムズ代金の請求を選びました(笑)

後日、無事に駐車料金は支払われました。

なんだかねぇ~

旅行中も、フッと、本当に支払われるのかしら?とか疑いの心が芽生えたりして、少し、ブルーになったりしたけれど。

トラブルの当日にakippa(あきっぱ)から「今日は予約日でーす」みたいなメールが来て、ムッとしたけれど。

その後、「迷惑かけてゴメンナサイ、代金支払いますから領収書を貰ってね」と言うメールが来て、少し気を取り直したけれど。(もちろん、もっと丁寧な文章でしたよ)

旅行が終わってから、駐車場でレシートちゃんと発行できるかドキドキしたり、その後、akippa(あきっぱ)にレシートの写真を送信したり、なんやかやとあったけれど。

返金は、レシートさえもらい忘れなければ大丈夫です。

スムーズに素早く送金されました。

その点は、安心してOKだと思います。

ただ、今後、マメムたちがakippa(あきっぱ)さんを利用するかと聞かれたら、ちょっと考えちゃうなぁ。

駐車場の値段が高い我が町では、助かるシステムではあるのだけれど…。

もし、今後、利用するとすれば…

今回のトラブルは、予約した場所に他の車が停まっていたというもの。

これに関して、akippa(あきっぱ)側から理由の説明はなかった。

「こういう理由で別の車が停まってました。今後は注意します。」

みたいなお知らせでもあれば、もう少し違う感情も芽生えたかもしれない…

ただ、上手くいけば良いシステムだと思うので、予約する側として対策を考えつつ利用するといいのかもしれないなと思います。

もし、akippa(あきっぱ)を利用しようと考えているなら、トラブルが起こることも想定しておいた方がよいと思います。

もし、今度、マメムたちが利用するとするならば…

駐車場の特徴を把握する

これは、絶対に必要です。自分が間違って予約スペースでないところに停めないためにも。

プランBを用意する

つまり、何かあった場合、停められるであろう付近の駐車場を調べておくこと。

できれば複数台停められる駐車場を予約する

こう言うと個人のオーナーさんには申し訳ないけれど…。複数台駐車できるような場所だと、トラブルがあったときに空いている場所を案内してもらえる可能性が高いと思います。

次回、マメムたちが利用するとすれば…

上記の項目に当てはまる場所を予約します。

実は、一つ、我が町に条件に当てはまるakippa(あきっぱ)があるのです(笑)

ただ、最寄りの駅まで徒歩10分かかるみたい…

どうするかは、分かりませんが、一度のトラブルで全部を否定するのもどうかなぁとも思うのでね…

心の傷?も数年後には癒えているでしょうし、akippa(あきっぱ)さんもグレードアップ?しているでしょうし、もしかすると、また、お世話になるかもしれませんね。

akippa(あきっぱ)を検討されている方は、どうかマメムたちの経験をご参考に。

良い車ライフをお送り下さい!

この記事を書いた人

MAMEMU(マメム)です。
イマサラだなぁと思って何も始めない。
それでは何も変わらないのでイマサラだけど色々始めた。
せっかくなのでイマサラ始めたことをブログにしました。

広告

目次