行き詰ったと感じる人へ。心に響く名言|それは曲がり角に来ただけ

人生に行き詰ったと感じる人へ。

思い通りに事が進まないと感じている人へ。

「赤毛のアン」から

主人公アン・シャーリーの前向きになれる言葉です。

 

予期せぬ出来事で未来が閉ざされたと感じるとき…

「赤毛のアン」の一節から…

 

「ところが、いま、曲がり角にきたのよ。」

 

これは、大学への進学を一旦、諦めて就職することを選んだ時のアンのセリフです。

 

ご存知のように、アンには身寄りがありません。

マリラとマシューに引き取られ、愛情をいっぱいに受けて育ちました。

特にマシューは、常に温かい目でアンを見守ってくれる心の拠り所であったのです。

農夫のイラスト

そんなマシューが突如、天に召され、マリラだけでは、家(グリーンゲイブルズ)を守っていくのは難しいという状況に陥ったのです。

アンは、大学に行く夢をかなえるために熱心に勉強し、「奨学金」を手に入れていました。

けれど、何年も家を空けてマリラを一人きりにすることなどできません。

緑屋根の家の写真

自分の都合ではなく、自分の落ち度でもなく、

ただ予期せね悲しい出来事により、

アンは夢を一旦諦めるという選択をするのです。

 

それは、人生の終わりではありません。

人には、いろんな出来事により、

自分の思い描く未来が閉ざされる瞬間というものがあります。

 

計画のすべてが良きせぬ出来事で破綻してしまうことがあります。

自分の失敗ですべてが水の泡になってしまうことだってあります。

道にたたずむ人の写真

けれど、それは人生のすべてが終わったということではないのです。

 

アンは、言います。

 

自分の未来は真っすぐにのびた道のように思えたのよ。

いつもさきまで、ずっと見通せる気がしたの。

ところが、いま、曲がり角に来たのよ。

 

それは、行き止まりではなく、

曲がり角なのです。

決して、すべてが終わってしまったわけではないのです。

 

曲がり角の先には何があるか分からない。

私たちの人生は、いつも真っすぐな一本道ではありません。

平坦な道も、

急な坂道も、

曲がり角だってあるのです。

双眼鏡をのぞく人の写真

アンは続けて言います。

 

曲がり角を曲がった先には、

何があるか分からないの。

でも、きっといちばん良いものにちがいないと思うの。

それには、また、

それのすてきに良いところがあると思うわ。

 

曲がり角の先には、何が待っているか分かりません。

でも、道が続いていることだけは確かです。

 

光も影も、再び曲道も。それでも、道は続くのです。

アンは、セリフの最後をこのように締めくくります。

 

その道がどんなふうにのびているか分からないけれど、

どんな光と影があるのか、

―どんな景色が広がっているのか―

どんな新しい美しさや曲り角や、

丘や谷が、

そのさきにあるのか、

それは、わからないの。

 

曲り角の先に、あなたが想像していたより、

もっと素晴らしいことがないとも限らないのです。

アンの夢は結局叶います

アンは、結局、何年か先になりますが大学に行けることになります。

その先には、思ってもみない出来事が待っています。

ひまわりの写真

赤毛のアンは、物語です。

私たちのリアルな人生とは違うでしょう。

けれど、

アンのセリフは、真理だと思うのです。

人生の道は、生きている限り続くのです。

 

それは、行き止まりではありません。

 

曲がり角に来ただけ…

 

豊かで実りのある人生を!

 

今回、引用した文章(赤字)は、すべて下記の本からです。

赤毛のアン(新潮文庫)
ルーシー・モンゴメリー著
村岡花子訳