人間関係に疲れたら読んで|人と人の間を美しく見よう

疲れますよね。

人間関係。

関係のない社会に生きたいと思うけれど、

でも生きている限り確実に誰かと関わっているわけで…。

なんとなしに、気分が上がらない。

疲れちまうよ、全く。

そんなとき、八木重吉の詩をぜひ読んでもらいたいのです。

人と人の間に生きるのが人間なのです。

八木重吉の「ねがい」という詩を紹介したいと思います。

 

「ねがい」

人と人のあいだを

美しくみよう

わたしと人のあいだを

美しくみよう

疲れてはならない

 

昔、引きこもり、今も、若干引きこもり傾向の私ですが、

一人で生きているとは思っていません。

一人で生きたいと思うことはありますが、それが不可能だという事も分かっています。

 

だってね…、

部屋に引きこもっていても、電気は使ってるし、その電気は誰かが管理して送ってくれてるわけだし。やっぱり、お腹もすくから何か食べるし、その食べ物だってね、やっぱり誰かが育てたり、売ったり、料理したりしてるわけだしね。

以前、少し心が病んだときに、その事実に気が付いて、なんか打ちのめされたことがあります。

がっくりしている人のイラスト

ああ、一人で生きるなんて、そもそも無理なんだって。

その当然の事実に少し落ち込んだりもしました。

(どこまで病んでいたんだ…)

 

人間という字がそもそも人の間と書くのです。

はい。その通り。

人間である限り、部屋に一人で閉じこもっていようとも、絶対に誰かと関わって生きているのです。

 

人の間に生きるのが「人間」なのです。

それは、時に、疲れます。

イヤになります。

空と雲の写真

でも、その間を美しいもので埋めることができたなら。

 

 

人と人のあいだを美しく見よう。

人間は、絶対に一人では生きられないのです。

それは、いま、あなたが一人でそこにいるという状態のことではなく、人間として、必ず誰かの世話になっているという事です。

前述したように、一人でも電気は使いますし、水も飲みます。

 

人間は、誰かと関わって生きなければならない定めなのです。

 

それが、嫌だと騒いでも、どうしようもないのです。

道にたたずむ人の写真

私も、その事実に気が付いたときは愕然としましたが、それならば、それを受け入れるしかないと思ったのです。

 

どうせなら、ねっ。

 

人と人のあいだをうつくしくみよう!

 

わたしと人のあいだをうつくしくみよう!

 

そうできたらいいなっと、私は思いました。(今はね。当時はダメでしたが)

人と人の間の美しいものを見つけられれば幸せにすごせますよね。

美しいものに目を留める心を持てれば…。

生き方も、きっと、変わるだろうなと思うのです。

ハートの木の写真

あなたの人の和が美しいものでありますように。

 

重吉の他の詩については、こちらからどうぞ。

関連記事

自分は、もうダメだ。 自分なんて。 そう自分をあきらめている人へ。 今回の名言は、 そんなあなたへ贈ります。 山がいいと思えるなら大丈夫! これは、八木重吉の「山」という詩です。(仮名遣いは原文のままです。)   け[…]

山と空の写真
関連記事

物が捨てられず、大掃除にテンヤワンヤするマメムです。 引っ越しをチャンスと多くの物を処分して最近思うこと…、 結局、ミニマムな暮らしって心の問題なのでは? 何のために物を処分するのか? 「ミニマムな暮らし」って最近よく聞き[…]

菜の花と青空の写真

 

重吉の詩は青空文庫で読めます。

青空文庫 秋の瞳