ペーパードライバー克服のための必読本!これ1冊で大丈夫!運転テクニックおさらいBOOK

マメムです。

26年ほどペーパードライバーでした。

私が、ペーパードライバーを克服するのに

たいへん役に立った本を紹介します。

ペーパードライバーのための虎の巻は必要か?

マメムのイラスト
マメム
運転教本みたいなのっていっぱいあるよね。
緑の帽子の子
ハテオ
どれがいいんだ? そもそも本って必要なのか?

運転が上手くなるために、

正直、本は必要ありません。

強いて言えば、

教習所で購入した教本を読み返すのが一番いいと思います。

虹に向かって走る車

それでも、マメムは、あえて、

この本をオススメしたい!

 

「運転テクニックおさらいBOOK]

あえてのオススメには理由があります。

 

ペーパードライバーを克服するのに一番大切なのは「メンタル!」

26年のペーパードライバーを

克服した経験から、

一番大切なことを語るとしたら…。

(大げさな)

 

それは、「メンタル」です。

 

つまり、気持ちです。

運転が怖いとか不安とか苦手とか、そういう気持ちを

まず少しでも軽くすることが肝心なのです。

 

マメムも、久しぶりの運転、

本当に怖くて、吐きそうになった…。

泣いているイラスト

マメムがどれぐらい運転が怖かったかは、

こちらの記事

「ペーパードライバー歴26年。運転が怖かった私の体験」をお読みください。

関連記事

自慢じゃありませんが、26年ペーパードライバーでした。 今回は、当時の気持ちを語っています。   運転恐怖。絶対に運転なんかしないと思っていました。 マメム 運転怖かったわ。ホントに怖かった。 […]

白い自動車が走行中

とにかく、

怖いという思いを克服できれば、

ペーパードライバーを

8割がた返上できたようなものです。

 

怖い、不安、苦手を軽減するには、

「知識」を付けることが一番です。

 

つまり、

「知らない」「分からない」

を減らすことです。

 

オレンジの帽子の子が満面の笑み
マメムは、自分の気持ちを満足させるために本を買ったんだよね。
緑の帽子の子がニッコリ笑っている
乗る前に知ってると安心ってこともあるもんな。

 

そう。

本を読んだからって、

運転ができるようにはなりません。

 

でもね、

アナタがペーパードライバーだとして、

何が不安ですか?

なぜ、車に乗るのが怖いのですか?

その悩みの中には、

運転技術以前の問題…、

そういう悩みありませんか?

がっくりしている人のイラスト

それだったら、

その不安の解決方法は、ただ1つ。

 

「知識をつける」ことですよね。

 

つまり、

「知らない」「分からない」を

減らすことです。

 

そのためにこそ、

「ペーパードライバーのための虎の巻。

運転テクニックおさらいBOOK」が

必要なのです。

運転テクニックおさらいBOOKをオススメする理由

とにかく、

わざわざ

「ペーパードライバーのための」と

書いてあるところが嬉しいですよね。

 

運転の教則本には、

載っていないようなことも

教えてくれています。

 

例えば…、

 

  • ガソリンスタンドの使い方
  • 教則本には載っていない運転マナー
  • 危ない車への対処方法
  • 計測類の見方
  • 各種スイッチの使い方
  • 夏場の運転の注意点
  • チャイルドシートの付け方
  • ハンドルロックの解除方法

 

その他、もろもろ…。

 

もちろん、運転のコツもたくさん載っています。

 

他の教則本より、内容が実際的です。

そうそう、それが知りたかった。

そう思うことが多く載っています。

 

個人的には、ハンドルロックの解除方法なんていうのは、

役に立ちました。

赤い車のハンドルの写真

Google検索すれば、

何でも分るし、たいてい解決するかもしれませんが、

あえて本をオススメしたい。

 

マメムの場合ですが、

この本、車に乗る決心がつくまで、

何回も読みました。

と言うより、

ペラペラとページをめくっていただけで、

内容を暗記するまで読んだわけじゃ人だけど。

 

なんか、手元にあるだけで落ち着くんだよね。

白い自動車が走行中

もし、あなたがペーパードライバーで、

なにか良い教本はないかと探しているなら、

マメムのオススメは、ダントツで、

この本です。

値段も安いしね。

ぜひ、読んでみてください。

文庫本サイズなので、

持ち運びも便利ですよ。

持っていて損はありません。