北海道小樽に行ったら、お土産には「イカ太郎」がオススメです。 柔らかい真イカが最高に美味い。

小樽には美味しものがいっぱい。
お土産も有名なお菓子屋さんがズラリと勢ぞろい。

ルタオは必ず買っちゃうでしょ~。

でも、そんな甘いお土産の中に、ぜひ紛れ込ませてほしい逸品がこちら。
「小樽堺町からお届けします。イカ太郎」

これは、本当に美味しいよ。

小樽でしか買えないって店員さんが言ってたよ。「イカ太郎」試食で心を射抜かれる。

特に、お土産に何のこだわりもないマメムです。
でも、せっかく小樽に行ったのだから「小樽」でしか買えないものを仕入れたい。

マメムの最初でおそらく最後の小樽旅行はあいにくの雨…。
運河とかじっくり見たかったけれど、すっぱり諦めて食に走った。

 

いやぁ…小樽…
美味しいものいっぱいあるわ~。

北一ガラスでミルクティアイス食べて、
お昼に海鮮丼食べて…、
ルタオでケーキセット食べて…、
よく知らないお店でソフトクリームを食べて…、

ランプの写真

甘いものは、もういいわ、

ってなったときにあらわれた「イカ太郎」。

店員さんの差し出した試食に心を射抜かれた。

なんだ?
裂きイカ?

めちゃくちゃソフトじゃん。
歯につまらんじゃん。
(いっぱい食べてたらつまるけどね。)
小樽堺町でしか買えないって、試食をくれた店員さんは言っていた。
「空港でも買えないよ。ここでしか置いてないの。ここ逃したら買うとこないよ。」

そうか…。
なら、買っていくか…。

で、買った。

これです。

イカ太郎の外観

 

旅行に行って、帰ってからお土産を食べるって楽しみだよね~。

「イカ太郎」の特徴は、なんといっても「真イカ」だけで作られていること。

それと、ソフトな口当たりです。

パッケージにも書いてあります。

イカ太郎の裏面

確かにね~、お年寄りにも食べられる裂きイカです。

それでは、中身を確認してみましようか。

イカ太郎の中身は、こんな感じです。シガシガすると旨味がすごいよ。

イカ太郎の中身は、こんな感じです。

裂きイカの写真

ゴメン。

ちょっと食べてしまった。

本当は、もう少しこんもりと入ってます。

ちょっと、アップで撮ってみましょう。

柔らかい裂きイカの写真

わかるかなぁ~。

柔らかい感じですよね。

見た目の通り、かなり柔らかいです。

そして、旨味?っていうのかな、

コクって言ったほうがいいのかなぁ、

 

とにかく口に美味しいが広がります。

 

小樽には、美味しいものがたくさんあります。特にケーキやさんが有名だけど、イカ太郎も負けてない。ぜひ自分のお土産にどうぞ。

イカ太郎の正味期限は、だいたい3週間程度らしい。

これって、長いのか短いのか…。

マメムは、自宅用に大袋を購入。

バタバタしてたら、あっという間に3週間たった。

1袋は、賞味期限過ぎてから食べたけど、変わらずにオイシカッタ。

大家族なら一瞬で食べきれると思うので、あまり心配しなくてもいいかもね。

小家族の方々は、賞味期限と相談して買うことをオススメします。

 

でも、やっぱり、北海道って「イカ」そのものが美味しいんだろうな。

原材料の良さが、この裂きイカを美味しくしているのだろうとシミジミ思うのであります。

 

ああ~。

できれば、もう一度、天気のいい日に行ってみたいなぁ。

小樽運河の写真

そして、また元気のいい「イカ太郎」の店員さんから試食をいただきたい。

 

そんな日を夢に見つつ。

 

なかなか大変な毎日ですが…

ちょっとちょっとの良いことがいっぱいありますように。