1キロかき氷って何? ほうらく堂神出店で元祖サイズかき氷を食べた。美味しくてペロリといける。白玉ぜんざいも美味。

ほうらく堂宇治抹茶金時のかき氷の写真

夏だ。氷だ。
ということで、今回、お邪魔したのは…
神戸市西区の和菓子屋さん。

ほうらく堂 神出店さん。

なんでも、巨大なかき氷があるそうで。

目次

1キロかき氷って何? どんな盛りなの? さっそく、行って確かめよう。

マメムの相方は、かき氷が大好きです。
毎年、1回は新しい店に連れて行ってやらねばなりません。

そんなこんなで検索していたら出てきました。

1キロかき氷!

なんじゃそりゃ?

相方に告げると興味深々。
こりゃ行くしかあるまい。

軽く書いていますが…
我が家からは、結構な距離で
小旅行レベル…
ペーパードライバーあがりのマメムには、少し恐怖でした。
まあ、無事に行って帰って来れたので良しとします。

着いたのは午前10時19分…。すでに満席ってどういうこと?

そんなに道にも迷わず、結構、スムーズにたどり着けてご満悦なマメム。
到着時刻は、午前10時19分。

駐車場には、すでにかなりの車が駐車していた。

えっ?
もう来てる人いるの?

確か、開店時間は、午前九時半…

事前にネットで情報収集した結果
夏は、昼過ぎからは行列ができるとのこと

ハテオ

朝から行くべ

マメム

だな、朝っぱらからかき氷食わんべ

なんて、軽口をたたきながら出発したのに。
なんだ、駐車場満車に近いぜ。

でも、店の外に行列はない。
誰も待ってはいない。

そそくさと店内に入った瞬間…

「ただ今 満席です」の看板を手にした店員さんに遭遇。

ちょうど、今、それを出そうとしてたのね…

大人しく店員さんの指示に従い外に用意されている椅子に腰かけて待機。

暑い…

マメムたちが座った瞬間、他のお客さんたちも到着。

用意された椅子がズンズン埋まる。

朝から氷食べに来る人って…
こんなにいらっしゃるのね…

これは…かなり期待できますな。

これが、1キロかき氷! 美しい姿にしばし見惚れました。

しばらくすると店員さんが呼びに来た。

席に着いたのは、午前10時30分。

ふむ…、10分ほどしか待たなかったのね。
わりと回転率が良い感じです。

さて、さっそくメニューをば…。

ほうらく堂メニューの写真

もう一枚…。

ほうらく堂のメニューの写真


相方は、迷うことなく元祖サイズのかき氷をチョイス。

ハテオ

宇治抹茶ミルク金時、元祖サイズで。

1キロの文字にビビったマメムは、すでに寒さを覚え…

マメム

白玉お善哉をください。

ハテオ

なんで?

マメム

ごめん。ムリ。

というわけで…
到着をワクワクしながら待つ。

これが、ほうらく堂の白玉ぜんざいです。

最初に来たのは、マメムのお善哉でした。
思ったより大きいね。
お椀。

こんな感じです。

ほうらく堂のぜんざいの写真


熱い…
フウフウシマス…

お~


美味い!


甘さは、しっかりめ。
でも、上品だ。
小豆がつぶれてない。
お汁がキレイ。

ほうらく堂ぜんざい写真

白玉…
めっちゃ美味い。

マメムは、ぜんざいは、餅を入れる派なんだけど

これは、白玉にして大正解だった。

これが、1キロかき氷。元祖サイズの宇治抹茶金時です。

そうこうしているうちに…
お待ちかね、「宇治抹茶ミルク金時」が到着。

コレです。

宇治金時の写真

お~
美しい。

本当に、かき氷見て、キレイだなと思ったの初めてかも。

角度をかえて、もう一枚。
別のかき氷を撮ったみたいに見えるよね。

ほうらく堂のかき氷の写真

上からみたら、こんな感じ。

かき氷の上からの写真


でも、そんなに大きいってほどでもないな。
いや、大きいのだけれど。

たぶん、普通の人には大きいのだと思う。

うちの相方がおかしいのかもしれない。
簡単にペロリとたいらげておりました。

ハテオ

なんなら、もう一杯いけるけど?

マメム

やめてくれ!

軽いフワフワな氷で、スルスルと食べられます。
女性でも、かき氷大好きなら、たぶんチュルっと食べられると思います。

ちゃんと甘いのに上品な感じ。
しつこい甘さじゃない。
朝から食べられるのも納得。
夏に、一回は食べたくなるという口コミにも納得。
(一口味見させてもらった)

さすが和菓子屋さんのかき氷!

いつも混んでいる理由が分かります。行く価値はあるな。

お店からの景色です。

ほうらく堂の庭の写真


なかなかイイ感じですよね。

すごく人気だし、一日、ゆーっくりという感じのお店ではないけれど。
でも、行く価値はあるなぁと思います。

駐車場は、ソコソコ広いし。
ランチタイムまでは、そんなに待たずに入れるようです。

熱い夏…
一度、お試しください。

この記事を書いた人

MAMEMU(マメム)です。
イマサラだなぁと思って何も始めない。
それでは何も変わらないのでイマサラだけど色々始めた。
せっかくなのでイマサラ始めたことをブログにしました。

広告

目次
閉じる