車のニオイ対策は、小まめな換気と小さなやる気です。ニオイのない快適車内を目指しましょう。

車の窓から顔を出す犬

冬の間は、そんなに気にならない。
でも、だんだん気温が上がるにつれ、どんどん気になる。

それが、車の中の「ニオイ」

また、暑くなってきました。
うちの車もニオイ出します。

今回は、車の臭いの「原因と対策」について。実体験及び周囲への取材をもとにまとめてみました。

目次

車の中は、なぜ臭う? ニオイの原因はさまざまです。

車の臭いの原因?

マメムは、自分の車がなぜ臭くなるのか、はっきりと原因が分かっています!

我が愛車の場合は、ズバリ!

「汗だくのシート」

いやぁ。
だって、しょうがないですよね。


毎日、頑張って通勤してるのだもの。
車内は、エアコンつけて快適だけど、職場は地獄のように暑いもの。仕事が終わって着替えることなんてしないもの。汗だくのまま、そそくさと座って、ブォーンと家に帰るもの。

一口に車の「ニオイ」と言っても、その原因はさまざま。原因にあった対処をしないと、なかなかスッキリ快適な車内にはなりません。

それでは、車の「ニオイ」の原因にはどのようなものがあるのか?

アナタの愛車の「ニオイ」は、どのタイプなのか考えてみましょう。

ニオイの原因を把握しましょう

車の気になる「ニオイ」
主な原因をあげてみます。

  • 飲食物、食べ残しのニオイ
  • 汗のしみ込んだシートのニオイ
  • エアコンのニオイ
  • タバコのニオイ
  • ペットのニオイ
  • フロアマットのニオイ

いかがでしょう?
アナタの愛車のニオイの原因はどれですか?

原因が分かれば、あとはその原因をできるだけ取り除くことですよね。

ニオイの元を断ち切りましょう。

ニオイの原因が把握できれば、とにかくそれを徹底的にやっつけます(笑)

タバコとペットのニオイについては、対策を講じませんでした。だって、タバコを吸う方は、別にタバコのニオイは気にならないでしょう。
ペットも然りで、大好きなペットちゃんのニオイなら大丈夫なんじゃないかなぁという個人的意見により。

という事で、原因と対策は、4つに絞りました。

  1. 飲食物、食べこぼし
  2. 汗だくのシート
  3. エアコンのカビ
  4. フロアマット

原因その1 飲食物、食べこぼしの場合

これは、たぶん一番、難しい原因だと個人的には思っています。なぜなら、食べ物のニオイが染みつくほど車内で食事をしているのだろうなぁと思うから。つまり、車内で食べなければならない状況にあるってことですよね。だとすると、原因そのものをなくすってことはできないわけで。

でも、マシにすることはできると思います。以前のマメムの職場でも、昼休憩を車内で過ごす人が結構いました。一人になりたいと言って、車で弁当を食べてましたね。そのうちの一人、元同僚で自作カレーを持ってきて、車内でこぼしたという「つわもの」に消臭の極意を聞いてみました。

  • できるだけ換気しながら食べる
  • 小まめに掃除する
  • 布の部分もできるだけ水拭き

これで、かなりマシになるそうです。換気は、冬は厳しいけど、そもそもニオイも冬はマシですしね。

原因その2 汗のしみ込んだシート

はい。
これは、マメムの実体験からのオススメ。

  • 取り外せるシートカバーをつける
  • 小まめにシートカバーを洗う
  • スプレー噴射しかない

仕事だけでなく、畑仕事の後のマメムは、自分で言うのもなんだけれど、超クサイ。

そりゃ、車も「ニオイ」ますよ。

色々と試しましたが、置き型の消臭剤は、イマイチ相性が悪かったですね。エアコンの出口に取り付けるタイプは、いいなぁと思うものもありましたが、今の車の仕様が少し取り付けにくいタイプで。

それで、結局、某ファブリーズ的なものに落ち着きました。車専用のものも販売されているけれど、別に部屋用でも問題ないと思います。

外側から消臭芳香させるより、少しでも、原因そのもの、つまり、この場合は「汗」を拭きとる、洗うといった内側からニオイを消すのが効果的です。

あと、取り外せるカバーは、本当にオススメ。必ず洗えるタイプのものを。これで、我が愛車のニオイはかなりマシになりました。

原因その3 エアコンからのニオイ

私事ですが、マメムの愛車は中古車です。購入したその夏から、すでに「ニオイ」がしておりました。それでも、クサイなぁと思いつつ暑さに勝てずエアコンをつけて走っておりました。

あるとき、ほぼ強制的(笑)にガソリンスタンドのお兄さんが、エアコンのフィルターを交換してくれまして。

するとね…

「あれ? クサクなーい!」

そう、「ニオイ」がなくなりました。

その瞬間、強制的(笑)に交換された恨みが「感謝」に変わりましたね。

いや、本当に。「劇的ビフォーアフター」でした。

  • エアコンフィルターを交換する
  • エアコンのクリーニングをする

エアコンフィルターの交換は、だいたい1000円とちょっとの値段が相場みたいです。

でも、フィルターがないタイプのカーエアコンも存在するようなので、そこは、ご自分の愛車を確認してみてください。

エアコンのフィルターだけでなく、ごっそりクリーニングする方法もあるようです。これは、値段がソコソコしますので、マメムは未体験です。自分でクリーニングする方法もあるようですが、なんとなく怖くて、こちらも未体験です。

とりあえず、フィルター交換で「ニオイ」はなくなったので、今のところ満足しています。

エアコンの「ニオイ」が気になる方は、とりあえず、フィルターを交換してみては?

エアコン用のスプレーもあります。

原因その4 フロアマットのニオイ

正直、フロアマットの「ニオイ」は、個人的には、全くの盲点でした。

でも、よく考えたら、雨の日の濡れた靴でマットを踏んでるしね。マメムなんか、畑仕事のドロドロ長靴のまま、履き替えるの忘れて運転して帰っちゃったりするしね。

フロアマット…
気になったから臭ってみました…

おうっ…

まあまあ、クサイわ(笑)

とりあえず、掃除機かけて日干ししました。少しマシかな?

  • フロアマットも掃除する
  • 出来れば洗う

うちのフロアマットは、洗濯機で洗えるような感じではありません。なんか、滑り止めのゴムみたいのが付いている。だから、タワシでゴシゴシ洗って、ベランダに干しておいた。それで、かなり「ニオイ」はしなくなりましたよ。ゴムのニオイはするけれど、それは仕方がない。

ニオイも予防が大切です

「ニオイ」は、染みついてからでは、
かなり「頑固」です。

だから、染みつく前に予防が大切だなと思います。

  • 小まめな換気
  • 適度に掃除
  • できれば水拭きを
  • 除菌スプレーを定期的に

マメムの場合、「小まめな換気」は気を付けてやるようにしています。特に、除菌スプレーを振りかけたあとは、必ず換気するようにしています。

あの真夏の眩暈がする「ニオイ」
実際、以前は、エアコンをつけて窓閉め切って走行していると、臭いで眩暈がしましたが、「ニオイ対策」を小まめにするようになってから、車内のニオイは完全にマシになりました。

ニオイ対策の一番は、「小まめな換気と小さなやる気」です。

我が愛車の強烈な「ニオイ」は、かなりマシになっています(笑)

もし、車の「ニオイ」でお困りなら、何かしら試してみてください。快適安心な運転生活を!

この記事を書いた人

MAMEMU(マメム)です。
イマサラだなぁと思って何も始めない。
それでは何も変わらないのでイマサラだけど色々始めた。
せっかくなのでイマサラ始めたことをブログにしました。

広告

目次
閉じる