カーリースはお得か?料金的には中古車の方が得。でも考えてしまう理由。

車検の時期が来るたびに、カーリースってどうだろうと迷う。
CMなんかで、月々1万円で新車に乗れるって言ってるアレ。

本当のところ、どうなのか?
すごく真剣に調べた結果を
なるべく難しい単語を省いて書いてみました。

各リース会社によって細かい点は違います。
だいたい大まかな理解を得るための参考にお読みください。

カーリースを検討中です。本気で疑問に思うことあげてみました。

今回、マメムは、本気でカーリースを検討中。
なので、本当に知りたいことをあげてみました。
マメムの疑問は以下の通り。

  • 車を傷つけたらどうなるの?
  • すべてコミって本当なの?
  • 一万円ポッキリで本当に乗れるの?
  • 任意保険はどうなるの?
  • 違約金ってなに?
  • 走行距離オーバーしたら?
  • 実際のとこお得なの?

以上の点について調べてみました。

リース車を傷つけたらどうなるの?

カーリースを検討し始めて、一番気になったのが、実はこのこと。

マメムは、運転に自信がない…。
なので、車は中古車に限ると思っている。
多少、傷ついてもヨシと割り切ってのれるので激安車を好んでいる。

今乗っている愛車ヘッポコーも、激安の部類に入るであろう中古車だ。
ドア下に擦れた後がある。
自分の車だし、運転に支障ないし、小さい傷だし…。
つまり、ホッタラカシにしている(笑)

けれど、これ、もしリースだったらどうなるのか?

結論から書きますと…

リース車の修理代金は、全部、自腹です~。

マジか?

いろんなリース会社のサイトを読み漁りましたが…
だいたい同じこと書いてましたね。

 

全損(使えないほど壊れた)なら解約。

一部損傷(修復できる)なら修理代は、自分で。

修理中の車の写真

う~ん
なんだかなぁ

まあ、自分が失敗して傷つけたのだから、借り物の車でも、自分で修理代を負担するのは当然と言えなくもない…

万が一の不測の事態をカバーするために「自動車保険」があるわけなのだけど。

個人で車を所有しても、カーリースにしても、修理代は保険でカバーするしかないということですね。

あと、ほとんどのリース会社で、「メンテナンスプラン」みたいなものが用意されているようです。
故障の修理代も含むリースプランってことみたい。
もちろん、その分、リース料金は高くなるけどね。


後、心配なのは…
どれぐらい細かい傷までウルサク言われるの?ってこと。

これは、あまり具体的に書いてあるリース会社はなかった。
ただ、最終的に、車が自分のものになると言う契約の場合、走行に支障のない細かい傷については、あまりウルサク言われないようです。

車をものすごくキレイに乗ってらっしゃる方には、どっちでも同じかもしれませんね。
少しの傷でも気になるでしょうし。
どちらにしても修理代は自腹か保険ですものね。

ただマメムのように中古車を乗り回していて、多少の傷など、全く気にしないという人には、ちょっと微妙なとこですかね~。

気を使いながら乗らなくちゃいけないのは、ペーパードライバーあがりには辛いかもな。

すべてコミって本当なの?何が含まれているの?

すべてコミ、全部コミ…
ほとんどのリース会社の広告にかいてありますよね。

実際は、何の料金が含まれているのかしら?

ほとんどのリース会社でコミコミと言っているものの内訳として…

 

  • 車両代金(リース料)
  • 自動車税
  • 登録諸費用
  • 自賠責保険料
  • 手数料
  • オイル交換など(回数制限ある会社も)
  • 車検料(契約による)

 

だいたい、これだけ含まれている感じです。

 

でも、よく見てください…
保険のとこ…

自賠責保険料しか含まれていません。

つまり任意保険は、自分で別途加入しなければならないのです。

マメムが調べたなかで、任意保険料が込みの料金表示だったのは。
トヨタのKINTOぐらいかなぁ~
その分、支払う料金が高額に見えるけどね。


だから、すべてコミって表示があっても要注意!
しっかり、何がコミなのか確認しないと。
逆を言えば、自分で支払う必要があるのは何なのかを把握することです。

ほとんどのリース会社が車検代を含む料金になっていますが…


月々の支払を少なくする代わりに車検代を自腹ではらってね!

という契約もあるようです。


もう少し料金体系を分かりやすく表示してもらいたい。
マメムみたいに数字に超弱い人間でも、サラッと理解できる書き方してもらいたいんですよね~。

一万円ポッキリで本当に車に乗れるの?

これは、もう分かりますよね。

毎月1万円ポッキリでは、リースできません。

 

よーく読むと…

 

「ボーナス時加算」

 

つまり、ボーナスもらう月には、追加で払ってよという事です。

契約によって、5万~15万ぐらいの追加料金が発生します。

結構な幅ですね~。

毎月の支払いを安くすれば、それだけボーナス加算は増えます。

それと、契約の年数が短いと増えますね。

ボーナス払いなしの契約だと…

一番安い軽自動車なら、1万2千円前後で乗れる感じかな。

でも、しつこいようだけど任意保険は別料金ね。

違約金ってなに?

カーリースは原則、中途解約はできません。


なぜか?

月々支払うリース料は、車両価格を契約年数で割って算出されます。


中途解約をすると、残りのリース料(車両価格の一部)が

リース会社の損害になってしまうのです。

だから、解約するときには、違約金が請求されるという事です。

餌を待つ羊の写真


だいたいは、契約の残りの残金を払ってね!と言われるようです。
契約期間が残っていれば残っているほど、請求額も多くなる…。

まあ、それでも不慮の事態というのは起こるだろうから…
途中解約をせねばならない事態になることもあるだろうし…

そのためにオプションをつけて中途解約時の違約金を回避するって方法もあるみたい。

つまり、安心して乗るには、それなりの支払いをすればいいってことなのね。

走行距離を契約よりオーバーしたらどうなるの?

定められた走行距離を超えた場合、1kmあたりの超過料金が請求されます。

カーリースの走行距離制限はリース会社によって違います。
だいたい月平均1,000〜2,000kmぐらいの間で制限を設けているようです。

マメムは、個人的には、走行距離は、あまり問題にはならないなぁ。
毎年、1万キロ少し越えるぐらいしか走らないし。
月1500キロぐらいの制限なら問題ないかな。


走行距離は、年計算だから、めちゃくちゃ走る月と少ししか走らない月で調整できるしね。

最後には、乗っている車が自分のものになるという契約をリース会社としていれば、走行距離は関係ないという会社もあります。

初めから走行距離無制限の契約もあるようです。
ただ、その場合、やはりリース料は上がりますわな。


でも、走行距離制限があることはデメリットばかりではないのね。


走行距離は、残価設定で決めた車の価値以下にならないためのもの。

車の価値をキープすることを前提に契約して、月々のリース料金を安くするということなのです。

 

実際のとこ、お得なの?

はい、これね…

車を購入するときと比べて…
総額支払う料金が、お得かどうか…

大事よね…


けど、これは、考えるまでもなく…
カーリースの方が損です。


あくまでマメムの場合ですが…

マメムが、中古の愛車ヘッポコーを買った時の総額は手数料込みで約30万円ほど。
これは、たぶん激安の部類に入るかと思うので、あまり参考にならないかもしれない

ただマメムのように、車種にこだわりなく中古の軽自動車でいい、走ればいいと思っている人なら、間違いなく買った方が安くつくはず。

自問自答スル人のイラスト

車検代がどれぐらいかかるかにもよりますが…

任意保険が自腹なのは同じだし…


お高い新車を購入しようと考えていて、リース会社に同じ車種があれば、もしかすると、条件によっては、リースでもいいかもしれない…。
頭金がいらないし。

後、今乗っている車が古い車種で、自動車税がめちゃめちゃ高いという人も、カーリースで新車に乗り換えという選択肢はなくもない。

軽自動車の激安中古に乗っている人には、あまりお得感はありませんね。

ただ、この損得は、あくまで、お金に関する計算上のことだけです。

 

中古車に乗っているなら、そんなにお得感はない。それでも魅力的に感じてしまう理由

ものすごい安い車を購入して乗っているマメム。
絶対に総額費用はリース車よりも安いはず。
それでも、毎年、なぜかリース車を検討してしまう。
金銭的には、今程度の車に乗り続ける限り、購入した方が得なことは、明白なのに。

その理由は…

手続きのすべてが面倒なんだよ~
中古車工場の人とのやり取りが苦痛なんだよ~

 

そう…

マメムが考えるカーリース最大のメリットは、手続きをまとめられることと、人間関係をドライにできること。

 

正直…
気を使っていろいろ手配したり決断したりが面倒なの。


今は、車検とか、オイル交換とか、そういうメンテナンス系は、車を買った工場にお願いしていて。

ただね~
車のブログ記事を書いているクセに、いつまでも超ド素人のマメムには、車に詳しすぎる(当然だが)工場の人と話すのが苦痛なんだよね…。

すべて言われるがままにお願いするしかないもの。

車検のたびに、どれぐらい費用がかかるのかビクビクするよね。

 

ただ、なんどか、オプションの付け忘れとか…
ホイールカバーの付け忘れとか…

そういうことが重なって…(たぶんなめられている)

そのたびに、向こうのミスなのに、こっちが頭下げて付け直してもらったり。
もちろん料金は取られないけど…
なんか疲れたのよね~

行く工場を換えれば済むのかもしれないけど…。
(そうだな、それも考えるか…)

ディーラーにいくのは、中古車だとちょっと気が引けるし。
オートバックスみたいなとこに頼む方がいいのかと考えたりもする…。

でも、自宅付近で激安車を販売している店とは、関係を保っていたい…。

まあ、さまざまな矛盾した思惑が頭を駆け巡るわけです。


こんなマメムの愚痴っぽいことは、さておき…

 

手続きの一切を任せられるっていいなぁと思うのです。

カーリースなら、車検代も込みの契約にしておけば、いくらかかるかのドキドキからは解放されますしね。
車検を受ける場所も指定してくれるみたいだし。
考えなくてすむものね。

あと…もうひとつの大きな理由…
車も、いつまで乘るかわからないなぁということ。
あと10年乗るかな?
それなら11年リース契約したら、後腐れなく乗り終われるのかしら?と思ったり。

 

カーリースやめとけと言う人の意見は、素人には全部が当てはまるわけじゃない

カーリースは、やめとけという方の多くは、たぶん、車に詳しくてお好きな方なのだろうと思うのです。

そのような方なら、カスタマイズできないことはデメリットなのでしょう。
(最後に車がもらえる契約ならカスタマイズOKという会社もあります)

自分のこだわりの車を好きに乗り回したいと思うのでしょうね。
それなら走行距離制限もデメリットでしょう。

でも、マメムのような必要に駆られて少しだけ乗っているというタイプの人なら、上記の2つはデメリットにはなりませんよね。

最大のデメリットは総額の費用が高いこと。それさえクリア出来たら契約しちゃうかもな。

マメムにとっての最大のデメリットは、中古車を購入するより総額費用が高いという事です。

傷つけてしまう心配は任意保険かメンテナンスのオプションを付けるかでカバーするとして。

つまり、最大のネックは金銭という事になります。
(しつこいようですが、これは個人的なデメリットですよ。)

空のサイフの写真

マメムが、これなら乗れるかなという車種をカーリースすると、
一番安い会社でも月々1万3千円ほどします。
(ボーナス加算なしでね)

これに、メンテナンスのオプションつけて、任意保険を自腹で契約すると…。

まあまあの支払い額なのよね~

月々2万円弱かな…

微妙な出費だわね。

でも…
メンタルが異常に弱いマメムなので…
手続き一切が任せられるのは、本当に魅力的なのです。

リース会社の担当の人が、すごく親切でイイ感じだったら契約してしまうかもしれません。

金銭面と、カーリースに感じている最大の魅力を、しっかり天秤にかけて比べてみたいと思います。

赤い自動車が山道を走る写真

自分の苦痛(大げさか)を引き受けてくれるための料金とすれば妥当だなと思えたら…

来年の今ごろは

「いいぞカーリース、乗っちゃえカーリース」

なんて記事を書いているかもしれません。

新車を購入しようと検討しているけど、車のこと分からないし、もしかしたら3年~4年ぐらいで乗り換えるかも?
そう考えている人には、カーリース検討の価値あると思いますね。

いずれにしても、しっかりと考えて結論を出しましょう。
くまなく調べてね。

後悔しない選択を!