電気圧力鍋のパッキンは、思った以上に臭いが染みつく。臭いを取るには上書きするしかない。

電気圧力鍋を買いました。
嬉しくて調子に乗りました…

ニオイがスゴイ。
買ったばかりで同じ悩みを持っているアナタへ。

電気圧力鍋を買った。調子にのってイワシを調理した。

マメムは3年迷って、やっと「電気圧力鍋」を購入しました。
なんか嬉しくって舞い上がって。

初調理は、豚の角煮と決めておりました。
ネギの青いとこを冷凍保存して、
ショウガも買って用意してました。

でも思ったより「電気圧力鍋」の届くのが早く。
まあ、有難いことなのですけどね。


届いた夜には、「豚バラのブロック」がなかった。


でも、今日、使いたい。
今、使いたい。

で…、
そう言えば…
イワシがあったのだと思いだし。

 

昨日、買った安売りのイワシちゃん。
ショウガもあるし、これを調理しよう。

 

ふふふっ
骨まで柔らくなるって、
テレビの人が言ってたなぁ~
(注、某テレビショッピングの「電気圧力鍋」とマメムの購入した品物とは別商品です。)

 

付属のメニューブックにもレシピが載っていたし、ルンルンで初使用。

小1時間ほどして完成~。

 

異常にクサイ。臭いの元はパッキンだった。

イワシは、美味しくできた。

が…

なんか臭う…

イワシ自体からは、醤油とショウガの良い匂い…

では、何が臭う?

まさか…

 

驚愕の事実。

 

圧力鍋のフタがクサイ!


正確には、フタのパッキンがクサイ。

 

いや、クサイなんてものじゃない…
生臭い…
異常な生臭さ…

 

正直…泣いた…
初回でこんな臭いのする蓋に
生まれ変わるとは。


イワシが少し古かったのかもしれない。

 

でも、こんなに、こんなに、こんなに
ニオイ移りするものなのか~

 

もちろん、すぐに洗った。
洗剤では落ちない
強力な臭いは残ったまま…

 

途方に暮れた…

燃え尽きた人のイラスト

クエン酸とか重曹とか、一通り試したけど…

とにかく、こんな時のグーグル先生。
検索をしまくった。

クエン酸で洗えばいい。
重曹水につけておけばいい。

色々な貴重なご意見を賜り(勝手に検索しただけ)、そのようにしてみましたが。
まったくニオイは落ちず。

弱まりもしない…


ああ~、
こんなことって…

今日、来たのよ…
初めて使ったの…

なのに
なのに

もう蓋が臭くて使えないなんて…

 

いや、使うわよ。意地でも。
でも、このニオイと共に、ずっと生きていかなければならないのかしら…

心の底から悲しかった…

 

解決策は、意外に簡単。上書きするだけ。

涙目になりながら、鍋の蓋を見つめるマメムを見て、(相方が後日そう言っていた)

 

可哀そうになったらしく相方が介入してきた。

緑の帽子の子
ハテオ
他の料理したらニオイなくなるのでは?
オレンジの帽子の子
マメム
そんなアホな…
 
いや、待てよ…
 
一回の調理で、これだけニオイを吸収するなら…
他の料理のニオイも吸収するかも…
ニオイの上書きだ…
いけるかも…
 
という妄想に近い根拠によって、「ニオイ上書き作戦」は決行された。
 

さっそく、玄米を炊いてみた。
(白米だとパッキンのニオイで米が食べられなくなるかもと思ったので)

炊けた…

パッキンは…?


おっ~
ニオワナ~イ


正確には、完全に消えたわけではないけれど、確かに炊飯のニオイが上書きされている。

そういえば、Google検索したとき、「使い続けるしかない」って回答していた方がいらしたなぁ。

確かにそうでした。

 

電気圧力鍋、最初の調理は魚以外を心底オススメします。

あれから1年…
我が家の「電気圧力鍋」は、上書きに上書きを重ねて、完全に魚のニオイは消えました。

上書きしても特に嫌な臭いはしていません。

もちろん無臭ではないけれど。

電気圧力鍋を買ったなら、
最初の調理は、「魚」以外をオススメします。
心の底からオススメします。

 

それはともかく…
電気圧力鍋は、我が家では重宝しています。


鶏の手羽元と手羽先のトロトロ煮は、我が家の定番料理です。
本当に、ホロッと身がはずれて、味が染みて。
自分で言うのもなんですが、めちゃくちゃ美味しい(笑)

 

ただ、あれ以来、我が家では「イワシの生姜煮」は食卓にのぼりません。
なんか、トラウマで…

もし、電気圧力鍋を買って、
何か調理しようと思うなら、
一番最初に
「イワシ」を使うのはオススメしない(笑)

 

でも、万が一、もう遅い、やってしまったというなら…

上書きしかない。

頑張れ!

使い続ければ気にならなくなります。

 

ちなみに、我が家の電気圧力鍋はコレです。